2012年06月11日

ワルター&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1955年11月13日、ウィーン国立歌劇場でのライヴ録音。

ウィーン国立歌劇場再建50年記念CDで、伝説の演奏がついに正規盤で発売された。

戦後のワルターとウィーン・フィルのライヴは随分発掘されたが、これは残る中でも特に大物。

ウィーン・フィルの「第9」といえばワインガルトナー、フルトヴェングラー、カラヤン、クライバー、イッセルシュテット、ベーム、バーンスタインと枚挙に暇がないが、おそらくこの演奏はその中でも1、2を争う名演奏。

フルトヴェングラーとまったく違う、ワルターの「第9」を堪能した。

再建されたウィーン国立歌劇場がベーム指揮の『フィデリオ』で柿落としをしてちょうど一週間後の1955年11月13日、ワルターはウィーン国立歌劇場で、ブルックナーの『テ・デウム』と共に、ベートーヴェンの第9交響曲を演奏した。

1955年といえば、ワルターの生涯の中でも最も気力の漲っていた時期、加えて記念行事的演奏会、それだけにウィーン・フィルもルーティンなところは一切なく、全パートがフル稼働しているような、熱気と充実感に満ちた演奏になっている。

ワルターは絶好調! 数年後のスタジオ録音よりはるかに素晴らしく、指揮者の気迫は物凄い。

また第3楽章での綿々とした弦、管の美しさはさすがウィーン・フィルで、テンポは遅くはないが柔和な響きと、アクセントなどの細やかなニュアンスの工夫が生きていて、穏やかさと豊かな表現力とが両立している。

第4楽章は振幅の大きい表現となり、演奏後の拍手と歓声の凄さは壮絶で、この前年にフルトヴェングラーが亡くなり、今や最後の巨匠となったワルターに対するウィーンの聴衆の熱い思いが伝わってくるようだ。

これはワルター流を徹底したベートーヴェンという意味では評価できる。

彼の全録音中でも重要なディスクの一つであろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:45コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ