2012年06月12日

シューリヒト&ウィーン・フィルのモーツァルト:交響曲第38番「プラハ」、第41番「ジュピター」、ヴァイオリン協奏曲第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1960年8月14日、ザルツブルク音楽祭ライヴ。

コンサートホール原盤のステレオ録音(パリ・オペラ座管弦楽団)とは比べものにならないほど良い。

録音もモノラルながら良好で、何と言ってもウィーン・フィルのモーツァルト、そして楽員に尊敬されていたシューリヒトの指揮によるライヴということで、ファンのみならず、決して聴き逃せないディスクなのである。

筆者は久しぶりに聴いてみて、「こんなに気品があってニュアンス豊かな演奏だったのか」と感銘を新たにした。

特に《プラハ》は永遠の名演というにふさわしいものがあり、何回聴いても、そのたびごとに新鮮な感動が与えられる。

その感動とは、モーツァルトの音楽へのそれであろう。

《プラハ》はワルター(ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル)やらベーム/ベルリン・フィルなどを選択してもいいと思ったが、このライヴはいささか日陰になっているので取り上げてみた。

シューリヒトの指揮は、一見淡々としていて、速いイン・テンポで余計な色づけを排し、ストレートに運ぶ。

だから飽きがこないのだが、淡々としているのはそう見せているだけで、実は千変万化のニュアンスの味わい深さが、作曲者の移ろいやすい心を伝えてゆくのだ。

《ジュピター》はシューリヒトのライヴ録音によくありがちな、オーケストラと指揮者がお互い手の内を探り合いながら進んでいく即興的な要素があって好きである。

やはり、ライヴ録音というものは、このような一瞬の駆け引きが聴けるものでなくてはならない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:13コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | シューリヒト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ