2012年07月02日

カラヤン&ベルリン・フィルの舞踏への勧誘〜オーケストラ名曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤は、全盛時代のカラヤン&ベルリン・フィルの演奏がいかに凄まじいものであったのかを伺い知ることが可能な名CDである。

カラヤンは、交響曲やオペラのような大作においても、はたまたポピュラリティを獲得した管弦楽曲の小品などにおいても、楽曲の演奏に臨むに際していささかの手抜きをしなかった。

カラヤンは、本盤のような有名な管弦楽曲の小曲を集めたCD(レコード)を何枚もスタジオ録音したが、いずれの演奏も水準が高い名演に仕上がっているというのは、こうしたカラヤンのこれらの楽曲の演奏に臨む真摯な姿勢に起因している。

とある影響力の大きい某音楽評論家を筆頭として、いわゆるアンチ・カラヤン派の識者からすれば、かかる所業は単なるセールスマンとしか思えないのであろうが、筆者としては、カラヤンのような大指揮者が、かような有名な管弦楽曲の小品に対しても手抜きをせずに真剣勝負で演奏に臨んだ真摯な姿勢に、心から敬意を表するものである。

それにしても、本盤の演奏は素晴らしく、あまりにも見事な演奏で、筆舌には尽くし難いレベルに達しており、何よりも、前述のようにオーケストラ演奏には凄まじいものがある。

演奏は、1971年というカラヤンが心身ともに充実していた時代のものであり、加えて、手兵ベルリン・フィルも名うてのスタープレイヤーが数多く在籍する黄金時代にあった。

そして、カラヤン&ベルリン・フィルは、分厚い弦楽合奏、ブリリアントなブラスセクションの咆哮、桁外れのテクニックをベースに美音を振り撒く木管楽器群、雷鳴のように轟きわたるティンパニなどが、鉄壁のアンサンブルのもとに融合し、オーケストラ演奏の極致とも言うべき圧倒的な音のドラマを構築していた。

そして、カラヤンは流麗なレガートを施すことによって、重厚さと華麗さ、そして流麗な美しさを誇るいわゆるカラヤン・サウンドの醸成に成功していた。

本盤の各楽曲の演奏においてもそれは健在であり、どこをとってもいわゆるカラヤン・サウンドに満たされた、豪華絢爛にして豪奢な演奏に仕上がっている。

加えて、カラヤンならではの聴かせどころのツボを心得た演出巧者ぶりも相まって、これ以上は望み得ないような完全無欠の圧倒的な超名演を成し遂げていると言っても過言ではあるまい。

本盤については、長らく廃盤の状態にあったが(一部の楽曲については、別の楽曲との組み合わせで発売されている)、今般、LP時代のカップリングによって発売の運びになったことは慶賀に堪えない。

加えて、従来CD盤での発売ではなく、シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤での発売となったことは、全盛時代のカラヤンを代表する圧倒的な超名演であることに鑑みても極めて意義が大きいと言える。

本シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤の音質の艶やかな鮮明さや臨場感にはただただ驚愕するばかりであり、あらためて当該シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤の潜在能力の高さを思い知った次第である。

いずれにしても、カラヤン&ベルリン・フィルの全盛期の圧倒的な超名演を、現在望み得る最高の高音質を誇るシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤で味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:22コメント(0)トラックバック(0)カラヤン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ