2012年07月09日

バルビローリ&ニュー・フィルハーモニアのマーラー:交響曲第6番「悲劇的」(1967年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バルビローリはマーラーを得意としたが、「第6」は、既にベルリン・フィルとのライヴ録音、ニューフィルハーモニアとのスタジオ録音が発売されており、いずれ劣らぬ名演であった。

本盤の演奏は、発売されたものとしては3種目ということになるが、ライヴならではの熱気と迫力に満ち溢れた名演だと思う。

第1楽章の冒頭から圧倒的な音塊が迫ってくる。

シベリウスやイギリス音楽の演奏での抒情的で温厚篤実な指揮ぶりはどこにも見られない。

第2楽章は、いかにもバルビローリらしい抒情的表現があらわれるが、終結部の盛り上がりの急速なアッチェレランドなど、同じオケを指揮したスタジオ録音とは別人のような燃えるような指揮ぶりを見せる。

第3楽章は、重量感溢れる巨象の進軍。

終楽章は、圧倒的な音のドラマであり、終結部の熱狂的な拍手もむべなるかなと思わせる。

ベルリン・フィルとのライヴと同様に、バルビローリは第2楽章と第3楽章を入れ替えて演奏しているが、同じオケを振ったスタジオ録音では入れ替えていない。

この一貫性のなさは謎であるが、筆者としては、入れ替えない方が終楽章の悲劇がより際立つと思うのだが、このあたりは、好みの問題もあるのかもしれない。

しかし総じて、大物が熱を入れたライヴならではの大演奏で、聴きごたえ十分。

この曲やバルビローリのファンはぜひ一聴をお薦めしたい。

音質は、この当時のライヴ録音としてはかなり良好であり、歴史的な名演を良好なステレオ録音で鑑賞できる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:16コメント(0)トラックバック(0)マーラー | バルビローリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ