2012年07月30日

テンシュテット&ロンドン・フィルのマーラー:交響曲第1番「巨人」(1990)/グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲(1981)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マーラーは、1990年1月28日 ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールに於けるステレオ(ライヴ)録音。

テンシュテットは、癌を発症して復帰した後は、一回一回の演奏会で命がけの鬼気迫る演奏を行った。

本盤のマーラーも、1990年の録音であり、そうした鬼気迫る演奏の一つであるが、同じ時期のシカゴ交響楽団との演奏と比較しても、オーケストラの技量はやや劣るものの、気心の知れた手兵であるだけに、演奏自体はこちらの方が数段上の出来ではないだろうか。

ロンドン・フィルとのライヴでは1985年に次いで2種目の「巨人」となるが、遅めのテンポで、細部まで抒情的に歌い込んだ美しい演奏。

何時にも増してテンポを細かく揺らし、細部の表現にこだわり音楽に没入していくが、テンシュテットの精妙な表現と一体化するロンドン・フィルが見事で、冒頭から緊張感が途切れることなく、音楽はどこまでも自然に流れ高揚する。

テンポは激しく揺れ動くとともに、粘ったリズムや雷鳴のようなティンパニ、耳をつんざくような鋭い金管の音色、生への妄執とも言うべき憧れの調べなど、我々がマーラーの交響曲第1番に望むすべての要素を兼ね備えていると言えるだろう。

これに比べるとシカゴ響とのライヴは、若干表現が硬く感じられるほど。

正直、また「巨人」かという感じもあったが、このCDはテンシュテットの「巨人」の中ではもっとも内容の充実した演奏だと思った。

テンシュテットのマーラーの「第1」の中で、のみならず過去の様々なマーラーの「第1」の名演の中でも、トップの座を争う超名演であると評価したい。

「ルスランとリュドミラ」序曲は、ムラヴィンスキーの超絶的名演がある以上、どの演奏を持ってしても物足りないが、ムラヴィンスキーの超名演を度外視すれば、これもなかなかの名演だと思う。

本盤の惜しい点は録音が、残響が多すぎたり楽器のバランスが悪かったりするなど、いささか焦点がぼけている点。

しかし、それも高い次元での話であり、ぜいたくを言わなければ十分に満足出来よう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:20コメント(0)トラックバック(0)マーラー | テンシュテット 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ