2012年08月18日

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響のマーラー:交響曲第8番/第10番-アダージョ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ティルソン・トーマスによるマーラー交響曲全集の有終の美を飾る圧倒的な名演である。

現在のところ、最高の「第8」だと思うし、筆者としても、「第8」を聴いてこれほどの充足感を覚えたことは殆ど記憶がないほどだ。

アンサンブルを磨き上げて、総譜の情報を細大漏らさず拾い上げることを主眼にしているが、現在望みうる最高水準とも言える優秀な録音の助けもあって、立ち現れてくる曲の威容の見事なこと。

堂々たるイン・テンポを基調としつつ、ここぞという時の圧倒的な盛り上がりや、抒情的な箇所の天国的とも言うべき極上の美しさ。

しかし、単なるイン・テンポ主義ではなく、この全集の随所で見られた、ロマン派への先祖返りのような大胆なアゴーギクがここでも聴かれる。

合唱団や独唱もいずれも抜群の巧さで、トーマスの卓越した統率力の下、オーケストラともども最高のパフォーマンスを示している。

第1部最後の追い込みなど、もの凄い激しさにもかかわらず一糸乱れず、第2部も聴き手を飽きさせずに引きつける手腕は素晴らしい。

最後の「神秘の合唱」で、他パートが休止して女性パートだけが残る箇所がある。

最近ではコリン・ディヴィス盤、古くはデ・ワールト盤も、このスコア通りの効果を引き出していた。

本トーマス盤は録音のすばらしさや合唱の実力なのか、ここでよりいっそう感動的な瞬間をもたらしている。

「第8」の「よりスタンダードな解釈のSACD盤」としては、コリン・デイヴィス盤を薦めるが、演奏の燃焼度、聴後の充実感ではティルソン・トーマス盤を採りたい。

「第10」は、あのシノーポリの怪演にも匹敵するスロー・テンポであるが、演奏の性格は全く異なる。

苦みもアイロニーも兼ね備えた素晴らしい純音楽的な美演、名演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:17コメント(0)トラックバック(0)マーラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ