2012年10月10日

グールドのバッハ:ゴールドベルク変奏曲-メモリアル・エディション


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



グールドの全く対照的な新旧2つの「ゴールドベルク変奏曲」を一つのセットに収めた好企画盤。

旧盤の繰り返しをすべて省いた一直線の快速の演奏、新盤のゆったりとしたテンポで、自らの人生を顧みるかのような味わいのある演奏。

いずれも優劣の付け難い永遠の超名演と言うべきであるが、それを一つのセットにまとめることによって両者の違いをより明確に聴き分けることが可能となったのも大いに評価に値する。

新盤では、繰り返しの実施の有無が各変奏曲によってバラバラで一貫性がないとの批判が一部にあるが、これは、グールドのバッハ解釈の究極の到達点を示すものとして、むしろ肯定的に解釈すべきではなかろうか。

もちろん、グールドのバッハだけが、バッハ演奏の正当な解釈であると言うつもりは毛頭ないが、従来の古色蒼然たるバッハ解釈に新風を吹き込み、芸術性を損なうことなく、バッハの知られざる魅力を堪能させてくれたという意味では、グールドの功績は大と言わざるを得ないだろう。

不眠症のカイザーリンク伯爵がゴールドベルクではなくグールドの演奏を聴いたら、さて、どんな感想を持ったであろうか?

これなら眠くなるどころか、面白くて目は爛々と輝き出すだろう。

SACDほどではないが、Blu-spec CD化によって、かなりの高音質でグールドの超名演を鑑賞できるのは大変嬉しい限りだ。

1981年録音も従来のデジタル最初期のトゲトゲしさがなく、更に嬉しいのは、1955年録音が遜色ない素晴らしい音にリフレッシュしている。

素敵なブックレットも付いているし、アウトテイクも貴重である。

特にアウトテイクを聞いているとグールドの芸術性の高さを確認できる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:46コメント(2)グールド | バッハ 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2022年05月30日 08:56
5 そんな企画CDが有ったとは驚きです。発売元はCBSソニーだったと記憶しています。私はLP期に新盤を持っていました。心洗われる演奏とはこのディスクの事を指すのだろうと認識していました。ゴールドベルクは断然グールドですね。
2. Posted by 和田   2022年05月30日 09:06
このCD3枚組の新たな豪華ボックスセットは楽しく、聴く喜びにあふれ、音楽の真理があり、音楽を愛する者なら誰でもコレクションに加えるでしょう。ディスク3にはレコーディング・セッションのアウトテイクとおしゃべりが収録されています。そのなかでグールドは即興で「God Save the King」を弾き、さらにそれを「The Star-Spangled Banner」へつないでいます。また、評論家ティム・ペイジによるロング・インタビューはグールドの風変わりなユーモアと独特の音楽観に深い洞察を与えてくれます。本作はまさに必携のコレクションです。もちろん、グールドのバッハだけが、バッハ演奏の正当な解釈であると言うつもりは毛頭ありませんが、従来の古色蒼然たるバッハ解釈に新風を吹き込み、芸術性を損なうことなく、バッハの知られざる魅力を堪能させてくれたという意味では、グールドの功績は大と言わざるを得ないでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ