2012年08月25日

マゼール&ウィーン・フィルのラヴェル:管弦楽名曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マゼールはオーケストラを音楽的に煽り立て、聴き手を興奮させるのが巧みな、いわば"演出"に長けた指揮者といっていいだろう。

それが彼の音楽的共感の反映なのか、それとも職業的経験がなせる業なのか、判断しかねるけれど、多分両々相俟ってそうなるのではないか。

ただしここでのマゼールは、オーケストラを煽るのではなく、その自発性を引き出そうとしているかのよう。

名門集団は煽らずとも音楽的成果を上げ得ると確信していたからに違いない。

従って演奏全体には、いつもの彼より悠揚とした感じが漂っているような気がする。

フランス風のエスプリでもなければ、ラヴェルのスペイン趣味も聴かれない、鬼才マゼールの独壇場!

しかし一度聴いたらもう二度と忘れられないマゼール&ウィーン・フィルのラヴェル。

全曲通して、悪夢を見ているような濃厚さが強烈そのもので、これは、鬼才マゼールならではの個性的なラヴェルである。

もっとも《ラ・ヴァルス》と《ボレロ》は、いつものマゼールだ。

ただ、ウィーン・フィルのどこまでも美しく繊細で、なおかつ最強奏になっても決して気品を失わない演奏が、本盤の演奏を過激なものとしてしまう寸前で止める結果になっていると言える。

したがって、いわゆる名演というのには躊躇するが、ひと味もふた味も違う個性的なラヴェルを味わえるという意味では、一聴の価値が十分にあるものと考える。

ラヴェルの曲に落ちた黒い影を異常なまでにえぐり出した面白い1枚である。

SHM-CD化によって、相当な音質改善が図られているように感じた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:06コメント(0)トラックバック(0)ラヴェル | マゼール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ