2012年08月29日

マーツァル&チェコ・フィルのマーラー:交響曲第1番「巨人」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マーツァルのマーラーは、第1弾〜第3弾となった「第5」、「第3」、「第6」は大変な名演であり、その後のシリーズを大いに期待したが、それに続く演奏も決して悪い演奏ではないものの、マーツァルにしてはやや低調な出来が続いていたような気がする。

しかし、この「第1」は、マーツァルの純音楽的なアプローチが曲想に符合していることもあり、「第6」以来の名演であると言える。

今までさまざまな「第1」を聴いてきたが、およそ作為的要素のない、自然な仕上がりで、みずみずしさがあり、またあちらこちらに美しい瞬間があり、まるでチェコやボヘミアの美しい田園地帯を想像させる。

マーツァルのマーラーは、バーンスタインやテンシュテットのような劇的な演奏、カラヤンのような耽美的な演奏、ショルティのような鋭角的な演奏と言うような、一言で言い表すことが可能な特徴があるわけではないが、オーケストラを無理なく鳴らし、曲想を伸びやかに歌い上げる点が素晴らしい。

いい意味でのローカル色が残るチェコ・フィルと組んでいることもプラスに働いていると思われ、この「第1」でも、最強奏から最弱音に至るまで表現の幅は実に広く、特に、最強奏における金管楽器の光彩陸離たる響きは、幻惑されるような美しさだ。

チェコ・フィルも実にいい風合いで、いつもながら弦楽器の質感が伝わってくるような美しさは特筆ものであろう。

バーンスタインやテンシュテットの超絶的ライヴと比べると物足りない部分もあるが、この曲を美しくまとめたマーツァルの手腕は高く評価されよう。

マーツァルはノイマンと同じく、恣意的なことはしない指揮者だ。

ひょっとしたら、晩年のノイマン(神々しかった)を超えるかもしれないと期待している。

SACDによる高音質録音も実に水準の高いものであり、本盤の価値をさらに高めることに貢献している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:31コメント(0)トラックバック(0)マーラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ