2012年09月27日

ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデンのシューベルト:「未完成」&「グレイト」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



世界屈指の名門オーケストラ、シュターツカペレ・ドレスデンを指揮してブロムシュテットが成し遂げた金字塔、シューベルト交響曲全集録音から2大名曲のカップリング。

まず、《未完成》はその昔に流行したウィーン情緒を強調した演奏でもなく、最近の古楽器演奏に代表されるような奇抜な響きを追い求めたものでもない。

スコアに書かれた情報を可能な限り忠実に再現したものであり、非常に中庸な解釈とも言える。

テンポの配分も適正であり、オーケストラの渋く落ち着いた音色も魅力的である。

一方の《ザ・グレイト》の解釈の基本は同じである。

特に印象的なのは第2楽章の中間部の清潔な表情であろう。

過度なロマン的表現は、それこそいっそう凡長な印象を与えかねない。

第4楽章のきっちり整えた響きも、たいへんに新鮮である。

音楽そのものは完全にロマン派なのだが、シューベルトの基本はやはりモーツァルトやベートーヴェンなどの古典派の枠組みである。

それを謙虚に描いたのがこの演奏ではないか。

《未完成》に聴かせるメロディアスな歌、《ザ・グレイト》にみせる緊密な構築。

これほど気高く、交響的な美感をもって、シューベルトの本質を衝いた演奏はない。

ブロムシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンのコンビが残した最高の成果である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:26コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ブロムシュテット 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ