2012年10月04日

ビシュコフ&ケルンWDR響のショスタコーヴィチ:交響曲第4番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「第4」には、ゲルギエフ、ラトル、ミュンフンの3大名演があり、いずれも同曲の複雑怪奇な特徴を活かした劇的な演奏であった。

それに比して、ビシュコフもトップクラス入りの資格十分の快演だが、冒頭から実に整然とした演奏を聴かせる。

いささか物足りないと思うほどだ。

しかし、楽曲が進むにつれ、ビシュコフの演出巧者ぶりにすっかり惹き込まれてしまった。

これは、まさにビシュコフによって計算され尽くした名演なのだ。

それゆえに、複雑怪奇な「第4」が、厳しい造型のもと、古典的な大交響曲のように整然と聴こえる。

これは「第4」の演奏史上でも稀有のもので、ビシュコフの類いまれなる才能の証左だと思う。

同じオケを振ったバルシャイと比べても格段にスケールが大きく、大きな構えのなかに鳥肌の立つような緊張がいっぱいに詰まっている。

特に感動したのは、第3楽章のラスト。

遅いテンポで怒りのこぶしを突き上げるような終楽章最後のクライマックスの壮大さでは、これを凌ぐものはない。

そして、全オーケストラによる大強奏が終わった後の静寂さ、清澄さは、ゲルギエフらの3大名演をも凌ぐ同曲の最高の聴かせどころであると言えよう。

今まで聴いた同曲盤の中で最も説得力のある演奏の一つで、本盤は、ライヴの経験を活かしてのスタジオ録音ということで、演奏に更なる完成度を誇る名盤の誕生と言えよう。

SACDマルチチャンネルによる高音質も素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:38コメント(0)トラックバック(0)ショスタコーヴィチ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ