2008年03月30日

グルダ&シュタインのベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンの解釈で高い評価を得ているウィーン生まれの名ピアニスト、グルダが録音した協奏曲全集・ソナタ全集からのカップリング。

グルダ、ウィーン・フィル、そしてシュタインという素晴らしい組み合わせによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の有終の美を飾る堂々たる名演である。

グルダの基本的なアプローチは正統派のオーソドックスなもので、第1〜第4の場合とは特に変わりはない。

ただ、曲が「皇帝」だけに、全体に重厚かつ悠然とした自信に満ち溢れた演奏をしており、ウィーン・フィルの高貴かつ優美な演奏と、シュタインの巨匠風の堂々たる指揮が見事にマッチして、珠玉の名演に仕上がっている。

「皇帝」は繊細なタッチと感受性で精妙に造形された名演だ。

グルダは全音符を少しも弾きとばさず、音色は常に冴えわたっている。

まさに計算されつくした妙音といえよう。

グルダはスタインウェイ・ピアノではなく、ベーゼンドルファーを用いて、軽くしなやかな音色を駆使して、きらめくような明るいベートーヴェンを堪能させる。

ジャズをも得意にする彼は、リズム感が実に優れていて音楽的なことこの上ない。

そしてスタッカートの見事な使い分け、ペダルの微妙な変化、味の濃いルバートやリタルダント、心からのカンタービレや激しい気迫にも欠けることなく、絶えず新鮮な音楽が鳴っている。

シュタインの緊張感に溢れた充実した表現も素晴らしく、これは永遠に残しておきたいと思う。

余白に収められた「テンペスト」は、後年のアマデオ盤と比較するとイマイチの出来のような気がするが、端正かつ豊饒な演奏で、若き日のグルダの芸風を推し量る意味では貴重な記録であると言える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:24コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | グルダ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ