2012年12月03日

ジンマンのマーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団によるマーラー・チクルスがようやく完成した。

本盤の「第8」は、「第7」の録音から1年のブランクを置いて録音されたものであるが、満を持して録音されたものだけに、その期待にたがわない名演となった。

演奏内容は相変わらずジンマンの指揮がマーラーの特性をよく捉えており、些かの気の緩みもない。

特に、素晴らしいと思ったのは第2部。

「第8」は、第1部があまりにも賑々しいために、それとの対比を意識するあまり、第2部(特に、冒頭部)をいかにも弱々しく演奏し、それ故に、殆ど聴き取れないということもよくあるが、ジンマン盤ではそのようなことはない。

SACDマルチチャンネルによる高音質録音ということも多分にあるとは思うが、実に明快で精緻な演奏を心がけているように思う。

そして、この長大な第2部を、決して冗長に陥らせることなく、場面ごとの描き分けを適切に行い、全体を一大叙事詩のようにスケール雄大に演奏している点を高く評価したい。

他方、第1部は、録音にやや濁りがある点が惜しい。

合唱にやや濁りが見られる点で、このあたりは、大編成の楽曲故の録音の難しさなのかもしれない。

しかしながら、演奏自体は、第2部ほどではないものの、高い水準で纏まっていると言える。

但し、往年のマーラー指揮者、例えばショルティやバーンスタイン、テンシュテットらは、ずいぶんと力強く演奏者を引っ張って最高の高揚をもたらしていたが、もはやそういうタイプの演奏は今や途絶えてしまったのかもしれない。

いずれにしても、トータルの評価として、他のマーラーの交響曲もジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団で聴いてみたいと思わせるだけの出来映えである名演と言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:05コメント(0)トラックバック(0)マーラー | ジンマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ