2012年12月04日

ガヴリリュク&アシュケナージのプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番&第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



既に発売されたピアノ協奏曲第1、2、4番も名演であったが、本盤も類稀なる名演だ。

何よりも、プロコフィエフを知り尽くしたアシュケナージがバックをつとめている点が大きい。

ピアニストとして既にプロコフィエフのピアノ協奏曲全集を録音しているアシュケナージにしてみれば、同協奏曲は自家薬籠中の作品と言っても過言ではないのだろう。

「第3」の冒頭の独特の開始部からして、他の演奏とは次元が異なるような抒情に満ち溢れている。

このロシア的な抒情と20世紀的なモダニズムが高次元で融合した傑作を、アシュケナージは確かなタクトで精緻に描き出していく。

この豪華なバックに支えられて、若き才能豊かな気鋭ピアニストのガヴリリュクは、最高のピアニズムを展開している。

唖然とするようなテクニックの下、強靭な打鍵と情感溢れる優美さのコントラストが抜群である。

まさに、指揮者とピアニストの最高の競演がここにあると言えるだろう。

アルゲリッチ&アバド盤もとても良かったが、ガヴリリュク&アシュケナージによる本盤の方が、リズム及び演奏の精度とキレ、ソロとオーケストラのグルーブ感が高いように感じる。

「第5」も、「第3」に匹敵するような名演に仕上がっていると言える。

SACDによる高音質録音も素晴らしい。

シドニー・オペラハウスコンサートホールの録音ポイントを、トリトーンも漸く掌握したと言えるのではかなろうか。

エルガーやラフマニノフの交響曲ではイマイチだった音質も、ここではいささかの不満を抱かせないようなハイレベルの高音質録音に仕上がっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:23コメント(0)トラックバック(0)プロコフィエフ | アシュケナージ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ