2012年12月18日

パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響のマーラー:交響曲第2番「復活」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



今をときめくP・ヤルヴィが、ついにマーラーチクルスを開始したのは大いに歓迎である。

その実質上の第1弾となった本盤のマーラーの「第2」の登場だ。

結論から言えば、かのバーンスタイン盤の登場以来、もっとも衝撃的な演奏、すなわち最近の演奏の中では最高級の賛辞で称えたい演奏、と言ってしまっても過言とは思えない。

フランクフルト放送交響楽団は、マーラー指揮者として名声を既に確立しているインバルと、マーラーの交響曲全集を完成しているが、P・ヤルヴィの演奏とは全く異なる演奏に仕上がっていると言える。

インバルは、燃えるような熱いパッションを胸に秘めつつ、表面上は、可能な限り抑制的な表現を行うというアプローチであったが、P・ヤルヴィの演奏は、緻密な制度設計を旨とする演奏と言えるのではないか。

筆者も、これまで様々な指揮者でマーラーの「第2」を聴いてきたが、これほどまでに精緻な演奏にはお目にかかったことがない。

ダイナミックレンジも、例えば、第2楽章や終楽章の合唱導入部の殆ど聴き取れないような最弱音から、第3楽章や終楽章の終結部のような大音響に至るまで非常に幅広いが、割れた音や無機的な音はいささかも聴かれない。

要は、どんなに最強奏しても、優美さを失うことはないのである。

テンポもアンサンブルも、一糸乱れぬ正確さであり、筆者は、ここにP・ヤルヴィの類まれなる統率力と抜群の音楽性を感じるのである。

確かに、テンシュテットやバーンスタインの劇的な名演に慣れた耳からすると、いささか静的に過ぎ、やや迫力不足を感じさせるのも否めないが、本演奏は、そうした20世紀の後半に主流となった激しい動的なマーラー像へのアンチテーゼとして、21世紀における新しいマーラー像を打ち立てたと言う意味において、将来的にも大変意義のある名演と高く評価したいと考える。

今後のP・ヤルヴィのマーラーチクルスの動きには目を離すことができない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:34コメント(0)トラックバック(0)マーラー | ヤルヴィ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ