2013年01月21日

ラン・ラン、レーピン、マイスキーのチャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ三重奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マイスキー、レーピンには共にこのチャイコフスキー:ピアノ三重奏曲の過去録音盤(勿論各々別演奏)があり前者は1998年アルゲリッチ、クレーメルという凄いメンバー共演でのライヴ、後者はベレゾフスキー、ヤブロンスキー共演の1997年の録音であった。

さて、本盤は2009年マイスキー、レーピンがラン・ラン(録音当時推定27歳)と共演した話題のスター級演奏者による演奏盤である。

ラン・ラン、レーピン、マイスキーは、いずれも、それぞれの楽器演奏者の中でもトップを争う個性派であるが、本盤は、初顔合わせとは言えないくらい息のあった演奏を行っている。

ラン・ラン初の室内楽録音ということもあり、アンサンブルの土台を築いているのはマイスキーだ。

でも彼は特に引っ張ることなく、残る2人が自在に動き、持ち味を十分発揮できるように取りなしている。

チャイコフスキーもラフマニノフも、情感溢れる曲であり、曲想も目まぐるしく変化するが、相手に合わせようという安全運転の箇所はいささかも見られず、むしろ、三者が、それぞれの思いのたけを全力でぶつけ合うような激しさがある。

したがって、例えば、チャイコフスキーの第2楽章の終結部など、聴き手のドキモを抜くのに十分な迫力であるが、それでいて決して気品や美しさを失わないのは、三者の音楽性の高さの証左と言えるだろう。

特にラン・ランの瑞々しい音色は印象的で、レーピンも慎ましやか。

ロマンティックなチャイコフスキー節を堪能したい人には第一に推せる演奏と言えよう。

このトリオでの、さらなる新録音を大いに期待したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:21コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | ラフマニノフ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ