2013年01月14日

朝比奈隆&ベルリン・ドイツ響のベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



同年齢のカラヤンが鬼籍に入ってから2カ月後に、カラヤンの本拠地のベルリン・フィルハーモニー・ホールで行った演奏会の記録である。

ベルリンでの名演の一報は、かつて音楽雑誌の海外報道欄で読んでいたので、このCDは発売早々に購入したが、演奏は予想を上回る名演。

特に金管と低弦の充実ぶりは、残念ながら当時の国内オケでは期待できない高レベル。

もう少し言えば、例えば晩年のクーベリックがバイエルン放送響で放ったモーツァルト後期群を聴くような、一時代前の演奏の凄みととでも言うべきか、曲を掌中に収め、テンポと響きの関係をわきまえた老獪な仕事である。

朝比奈は最晩年、カラヤンを評して、「カラヤンはすごい人だったけれど、長生きでは私が勝ったな。」と意味深長な発言を行っていたが、カラヤンと同年齢でありながら、演奏の優劣はさておき、その「エロイカ」の演奏スタイルは全く対照的だ。

ベルリン・ドイツ交響楽団は、良い指揮者を得た場合には、ベルリン・フィルに匹敵するとまでは言えないものの、かなりのハイレベルの演奏を行う楽団であるが、最晩年の朝比奈の指揮だけに、ベルリン・ドイツ交響楽団も見事な好演で応えており、男性的で、剛毅かつ重厚な名演を成し遂げていると言えよう。

テンポは晩年の朝比奈特有の遅さであり、繰り返しもすべて行っているが、それでいて冗長であるとか、もたれるということとは全く無縁であり、「エロイカ」という傑作交響曲の持つ雄大なスケール感を存分に味わうことができるのが素晴らしい。

大阪フィル盤や、新日本フィル盤も良いが、やはりこの盤を聴くと、「ドイツのオケには遥かに及ばないなぁ」と感じてしまう。

朝比奈には、ドイツのオケともっとベートーヴェンやブルックナーを残してほしかったと思わざるを得ない。

音質も非常に鮮明であり、この歴史的名演CDの価値をさらに高めることに貢献している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:42コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | 朝比奈 隆 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ