2013年02月02日

朝比奈&N響のブルックナー:交響曲第8番(1997.3.6)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1997年3月6日、NHKホールでのデジタル録音(ライヴ)。

指揮者、オーケストラともに最高のコンディションで行われた演奏で、1997年N響ベスト・コンサートのアンケートで見事第1位を獲得した名演としても知られている。

実際、ブルックナー好きのあいだでは、朝比奈の数ある「ブル8」(11種類!)の中でも、この演奏が最も優れたものとの呼び声が高く、すべてがうまくいった、朝比奈&N響としても会心の名演奏として高く評価されている。

この録音は「国宝」だろう。

朝比奈氏、N響メンバー、そして録音スタッフ全てに賛辞を捧げたい。

ブルックナーの「第8」は、ヴァントもいいが、スケールの大きさという点で朝比奈を第一に推したい。

これは本当に朝比奈隆の自発的な解釈による「ブル8」だったのだろうか?

そう首を傾げたくなるほど、「出来すぎた」名演だと思う。 

あたかも、朝比奈がN響と「ブル8」を演奏したら、こういう音楽になりました、とリスナーが想像し、期待するそのままを表現したような感じだ。

そしてオーケストラの出来も素晴らしい。

大阪フィルも健闘はしているが、ここぞという時の技量はNHK交響楽団にはかなわない。

最晩年の大阪フィルとの演奏は、長年連れ添ったメンバーが指揮を先読みしているような印象がある。

こちらは、指揮を読み切れていない危うさを時々感じるのであるが、それがスリリングさを感じさせる。

それにしてもNHKホールというのは余程録音「には」適しているのか、優秀録音が多い。

筆者はこの実演に接したのであるが、生で聴くよりCDの方が音が良かった、というのは何やら複雑である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:30コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | 朝比奈 隆 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ