2013年02月03日

スラットキン&デトロイト響のラフマニノフ:ヴォカリーズ(管弦楽版)/交響曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ラフマニノフの交響曲第2番は、最近では様々な指揮者によって録音がなされる超有名曲になった。

それに伴って、演奏様式も、大衆に受け入れやすいということも考慮してか、ロシア的情緒を強調したあくの強いものよりも、洗練された演奏が増えてきているように思われる。

本盤のスラットキンによる新盤も、そうした現代の洗練された演奏様式に沿ったものと言えるだろう。

それは、最近発売されたゲルギエフによるあくの強い新盤との違いを見ても明らかだ。

どこをとっても、ラフマニノフならではの極上の美酒のような名旋律を美しく響かせ、嫌味のない音楽が全く淀みなくスムーズに流れていく。

まさに、耳の御馳走とも表現したい美演ということができるだろう。

したがって、この曲に、もう少し個性的な表現を期待する聴き手からすると、いささか物足りなさを感じるかもしれない。

併録の「ヴォカリーズ」は、「第2」で示した洗練された演奏様式を予見させるような佳演に仕上がっていると言える。

この「ヴォカリーズ」を、メインの「第2」の後ではなく、前に持ってきたというのが、仮にスラットキンの明確な意図によるものだとすれば、「第2」の演奏の先取りを行うという意味において、なかなかのアイデアと言わざるを得ないだろう。

デトロイト交響楽団は、スラットキンの統率の下、なかなかの好演を行っていると言える。

録音も(Naxosであることが少々驚きだが)最新で非常に良く、この曲の素晴らしさを再発見することができる1枚になるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:27コメント(0)トラックバック(0)ラフマニノフ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ