2013年02月09日

カラヤン & ベルリン・フィル ライヴ・イン・東京1977 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンはスタジオ録音やライヴ録音等を含め、数々のベートーヴェンの「第9」の録音を遺してきているが、本盤こそ、その最高峰に位置づけられる至高の超名演と高く評価したい。

何度も繰り返すが、カラヤンはライヴでこそ本領を発揮する指揮者であった。

この2年後の1979年の来日時のライヴ録音が数年前に発売されているが、これはオーケストラの状態もなぜか良くなく(エキストラが数多くいたとされる)、カラヤンの本領が発揮できていない演奏に終始しており、残念な出来であった。

本盤に匹敵できるのは、同じ頃にスタジオ録音された全集中の1枚ということになるだろう。

テンポはカラヤンならではの速めのテンポであるが、ただ単に速いのではなく、ここでは畳み掛けてくるような力強い生命力に満ち溢れている。

特に何もしていないと思われるのに、音楽の奥底から湧きあがってくる力感は、聴き手を圧倒するのに十分な迫力に満ち溢れている。

抒情的な箇所の歌い方も、カラヤン&ベルリン・フィルはこれ以上は求め得ないような清澄かつ美しい調べを奏でていると言える。

第3楽章のホルンのこの世のものとは思えない何と言う美しさ。

終楽章の圧倒的な迫力も、カラヤンが激賞したという合唱団の優秀さも相俟って、最高の盛り上がりを見せている。

独唱が入る直前の冒頭主題のアッチェレランドなど、ライヴならではのカラヤンの最高のパフォーマンスと言えるのではないか。

ライナーノーツによると、アンプの故障によって、特に終楽章の音のバランスが悪いとのことであるが、確かにそういった感じはしたが、気になるほどではなかった。

いずれにしても、現時点でCD化されたカラヤンのベートーヴェン・チクルスの最高傑作のトリを飾るのに十分な素晴らしい超名演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:51コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ