2013年03月01日

パッパーノのプッチーニ:蝶々夫人


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



予想通り、期待を裏切らぬ素晴らしい名演。

プッチーニの「蝶々夫人」は、筆者としてはどうしてもカラヤン&ウィーン・フィルの超名演のイメージが強烈であり、なかなかその呪縛から抜けられなかったが、本盤で、イタリア人指揮者とイタリアのオーケストラによる演奏に接して、久々に新鮮な気持ちで「蝶々夫人」に接することができた。

先ずは、パッパーノの指揮であるが、大変健闘していると思われる。

もちろん、カラヤンと比較してどうという評価を行うことは容易であるが、このオペラの随所にちりばめられた日本風の旋律を情感溢れる指揮で抒情的に描いており、それでいて、ここぞという時の重量感溢れる迫力にもいささかの不足はなく、プッチーニの魅力的な音楽をゆったりとした気持ちで満喫できたのは、やはりパッパーノの指揮が優れていることの証左ではないかと思う。

サンタ・チェチーリア国立音楽院管も好演であり、非常にドラマティックかつ熱気の漲った演奏で、パッパーノの指揮下において最高のパフォーマンスを示していると言える。

歌手陣も、ゲオルギューが蝶々夫人を可憐に演じており、その可憐さが、終結部の悲劇性を大いに高め、迫真の歌唱を繰り広げていると言えるだろう。

ピンカートンのカウフマンは明らかにピンカートン向けの声ではないし、歌い方も荒っぽくやや疑問を感じるが、ただそれは彼なりの解釈である。

ピンカートンという男は日本の現地妻を捨てて母国に帰る薄情な男なのだ。

決して善人ではない。

カウフマンはピンカートンを酷薄なエゴイストとして表現している。

ただそれはクレバーで興味深いアプローチではあるのの、過去の優れたテノール達の解釈と同列に並べられるものではないのも確かだ。

ゴローのボンファッティやシャーブレスのカピタヌッチ、スズキのシュコサには十分に合格点を与えることができるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:43コメント(0)トラックバック(0)プッチーニ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ