2012年07月30日

テンシュテット&ロンドン・フィルのマーラー:交響曲第7番「夜の歌」/モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」(1980, 1985)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



テンシュテットは明確なポリシーを持ち、決して妥協をしなかったそうだ。

だから特にウィーン・フィルや北ドイツ放送響に嫌われた。

世界中のオケや関係者から警戒された。

悲しいことだ。

ただ世界中でロンドン・フィルとベルリン・フィルだけが、テンシュテットのポリシーと情熱を受け入れた。

オケが指揮者を信頼し、全身全霊をかけて音楽に没入する記録はそれほど多くない。

テンシュテットとロンドン・フィルにはそれがある。

両者の音楽は技術的なものを超えて圧倒的な説得力持つものが多い。

マーラーはスタジオ録音にはない燃焼度の高さがこの演奏の売りである。

かなり切迫した表現であり、テンシュテット特有の振幅の大きい見事な演奏である。

ロンドン・フィルも、まさに人生がこの演奏にかかっているかのようなのめりこみよう。

アンダンテも非常に艶めかしい。

リュートの音が明瞭に聴こえるなど、総じて打楽器系統は非常にクリアに録られており、かなり近接マイクのようである。

ロイヤルアルバートホールとかロイヤルフェスティバルホールとかだとこういう風には響かないはずである。

つまり、間接音控えめの、インパクトのある録音で、1980年のライヴということを考えれば、相当の高水準と考えて良いと思う。

「ジュピター」は北ドイツ放送響との好演もあったが、こちらも良い。

こちらは、会場がロイヤルアルバートホールでマスの響きで、間接音が豊かである。

やはり、テンシュテットはマーラー指揮者だ。

バーンスタインとはまた異なる燃焼系である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:15コメント(0)トラックバック(0)テンシュテット | マーラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ