2013年08月30日

シフラのリスト:超絶技巧練習曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



“リストの再来”とも言われたシフラが弾く超絶技巧練習曲集という聴き応えのある1枚。

リストと同じハンガリー生まれのシフラの、知性と作品に対する誠実さにあふれた演奏である。

随所に彼独特のラプソディ的な持ち味が強く出ており、かなり古い録音にもかかわらず、輝かしいピアノの音色が存分に伝わってくる名盤である。

全般的に楽曲に忠実で、機械的な演奏に陥らず、完全に音楽を自分のものにしており、シフラの超絶的な技量に唖然とさせられる。

ペダルの使用を極力抑えた清潔なテクニックで、ひたすら作品に忠実に弾き進んでいることが実感できる。

叩きつけるような力強い打鍵や、夢見るような美しい抒情、堂々たる楽曲の進行など、幅広い表現力を駆使して、リストのピアノ曲の魅力が盛り込まれた難曲である超絶技巧練習曲集を完璧に表現し尽くしている。

例えば、「風景」の抒情豊かな美しさと、有名な「マゼッパ」の重量感溢れる迫力の著しい対比など、各楽曲毎の描き分けも見事であり、シフラが、圧倒的な技量だけでなく、表現力の幅の広さ、スケールの大きさにおいても、圧倒的な存在であったことがわかる。

超絶的な技量とともに、圧倒的な表現力を必要とするが故に、いわゆるリスト弾き以外のピアニストには弾きこなすことが困難ではないかと考えられた難曲である超絶技巧練習曲集を、これだけ完璧に弾きこなしたことにかんがみれば、シフラが“リストの再来”との評価もあながち言いすぎではないと考える。

録音はモノラルでイマイチ冴えないが、近年における、より高音質の同曲の演奏と比較しても、同曲のあらゆる名演中のトップの座を譲ることはいささかもなく、そして、今後も現れるとは考えにくところである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:47コメント(0)トラックバック(0)リスト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ