2013年03月08日

ミュンシュ&ボストン響のチャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」、R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



あまりの凄まじい高音質に、ただただ圧倒されるのみ。

XRCDとSHM−CDを組み合わせただけで、これだけの高音質になるとは、ほとんど信じがたい思いだ。

下手なSACDなどを凌駕する高音質であり、本盤が、1960年代初頭の録音であることなど、まるで信じられない。

さすがに、トゥッティの箇所においては、やや音場が狭くなるなど、若干の音の古さを感じさせるが、その他の箇所においては、あたかも最新の録音のような鮮明な音質に生まれ変わっていると言える。

これだけ音質が素晴らしいと、演奏内容もより一層引き立つことになる。

両曲ともに、ミュンシュ&ボストン交響楽団の黄金時代を象徴する名演と高く評価したい。

ミュンシュは、スタジオ録音であろうが、ライヴ録音であろうが、生命力溢れる熱演を繰り広げるが、本盤でも、そうしたミュンシュの燃えに燃えた爆演を聴くことができる。

「ロメオとジュリエット」は、情緒の濃い、劇的な精力にあふれた内容なので、スケールの大きな、エネルギッシュな指揮を必要とする。

この点、ミュンシュは、彼の最良の味を発揮している。

荘重な進行の中に、旋律を優美に生かしながら、底知れぬ苦悩や情熱を盛り上げてゆく。

もちろん、抒情的な箇所の歌い方もいささかの不足もなく感動的であり、ミュンシュの表現力の幅の広さを感じさせてくれる。

それにしても、当時のボストン交響楽団は、何という巧いオーケストラであったことか。

特に、「ティル」における金管楽器や木管楽器の名技にはほれぼれするほどで、ティンパニの雷鳴のようなとどろきも圧巻の迫力であり、その威力を充分に表わしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:46コメント(0)トラックバック(0)ミュンシュ | チャイコフスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ