2013年03月10日

ポリーニ&ウィーン・フィルのモーツァルト:ピアノ協奏曲第17番&第21番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これはなかなか評価が難しい演奏だ。

この演奏をもってポリーニの円熟という人がいるのかもしれないが、どうもそうではないような気がする。

本盤で素晴らしいのはウィーン・フィルの優美な演奏と言えるだろう。

ポリーニの弾き振りということになるが、ウィーン・フィルは、後述するようなポリーニのピアニズムとは無関係に、いかにもモーツァルトならではの高貴な優美さをいささかも損なうことなく、見事なアンサンブルを構築していると言える。

これに対して、ポリーニのピアノの音があまりにも硬質に過ぎるように思われる。

評者によっては、透徹した鋭利なタッチなどと言うことになるのであろうが、これでは、聴き手にあまりにも無機的な印象を与えることになるのではなかろうか。

聴き手によって意見が分かれると思うが、少なくとも、モーツァルトに相応しいアプローチとは言い難い。

したがって、ウィーン・フィルの優美な音色とは水と油の関係であり、ポリーニのピアノが非常に浮き上がって聴こえることになる。

確かに、ポリーニのピアノは、スコアに忠実であり、その意味では間違いのない演奏なのであろう。

しかしながら、ただでさえ音符の数が少ないモーツァルトの楽曲では、単にスコアを正確に弾いただけでは、演奏が極めて無機的なものに陥ってしまい、内容のない、浅薄で無味乾燥な演奏に成り下がってしまう危険性を孕むことを忘れてはなるまい。

本盤は、そうした危険性に陥ってしまったところを、ウィーン・フィルの美演によって、何とか鑑賞に堪え得るギリギリの水準を保ったと言える。

ピアニストとしては、はなはだ不本意な演奏ということになるのではなかろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:51コメント(2)トラックバック(0)モーツァルト | ポリーニ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ゆうちゃん   2012年04月23日 01:02
3 ピアノが前に出過ぎ、オーケストラと一体化しないような気がします。美しい音なのに もったいない。
2. Posted by 和田   2012年04月23日 05:34
そのとおりだと思います。
とにかくこのCDの演奏に関しては、さまざまな意見があるようで、私としても無理強いしませんでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ