2013年10月05日

クレンペラーのドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スケールの雄大な異色の名演だ。

確かにユニークだが、この上なく格調高い演奏。

ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」と言えば、ボヘミア風の民族色豊かな演奏を期待されるところであり、これまでに成し遂げられた名演の多くも、そうした点に主眼を置いてきたような感がある。

しかしながら、クレンペラーには、そのような民族色など、いささかも眼中にはないのではないかと思われる。

クレンペラーは、同曲を、ベートーヴェンやブラームスの大交響曲に接するのと同様のアプローチで、指揮していると言える。

冒頭のおどろおどろしい導入や、弱いティンパニの音色の響かせ方など、いかにもドイツ音楽風の重厚な響きがするし、第3楽章のゆったりとしたインテンポによる進軍も、あたかもブルックナーの交響曲のような重量感のある迫力だ。

遅めのテンポで堂々と、しかし鈍臭くなく、リズムの刻みもしっかりしていて、木管の音色も実に鮮明に響いており素晴らしく、トゥッティの響きは力強くもふくよかで立派。

ひたすらドイツ的な響きを徹底したクレンペラーはすごい。

誰もが思いつくようでそれを実践したのはクレンペラーだけなのだ。

クレンペラーは、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」という国民楽派の交響曲を、ベートーヴェンの交響曲にも匹敵する大芸術作品に引き上げたのだ。

したがって、同曲に、ボヘミア風の民族色豊かな演奏を期待する聴き手からすれば、野暮ったさや場違いな印象を与えることも考えられるが、前述のように国民楽派の範疇にとどまらず、後期ロマン派を代表する至高の芸術作品に引き上げたクレンペラーの功績は、やはり讃えられてしかるべきであろう。

模範的な「新世界より」に飽きてしまった人には特に強く薦めたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:49コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク | クレンペラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ