2013年03月31日

ガヴリーロフ&ムーティのラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、パガニーニの主題による狂詩曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



何よりもガヴリーロフのピアノが素晴らしい。

ロシアの悠久の大地を思わせる重厚なピアニズムと、故国を思う郷愁に満ち溢れた情感の豊かさが、演奏に結晶化しており、超絶的な技巧も圧倒的だ。

特に、ピアノ協奏曲第2番の第2楽章は、他のどのピアニストよりも、テンポをゆったりとしたものとして、情感豊かな感動的な演奏を繰り広げている。

時折見られる間の取り方も実に効果的であり、こうした点に、ガヴリーロフの芸術家としての抜群のセンスの良さを感じさせる。

パガニーニの主題による狂詩曲の、各変奏の描き分けも、超絶的な技巧をベースとして、完璧に表現し尽くしており、有名な第18変奏の美しさには、もはや評価する言葉が追いつかないほどの感動を覚えた。

ムーティの指揮も素晴らしい。

イタリア・オペラを得意とした指揮者だけに、ラフマニノフの抒情豊かな旋律の歌い方の何と言う美しさ。

それでいて、ピアノ協奏曲第2番の終楽章の終結部の猛烈なアッチェレランドなど、決めるべきところのツボを心得た心憎いまでの演出巧者ぶりを示しているのはさすがと言える。

当時の手兵であるフィラデルフィア管弦楽団は、オーマンディやデュトワとともに、ラフマニノフの名演を数々残してきたこともあり、本盤でも、ムーティの統率の下、最高のパフォーマンスを示していると言える。

音質は非常に鮮明であり、本名演の価値を高めるのに大きく貢献している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:06コメント(4)ラフマニノフ | ムーティ 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2022年08月02日 23:11
4 ご指摘通り,ガヴリーロフのラフマニノフは素晴らしい。以前お知らせした様に,私はとりわけ3番の美演に陶酔しています。本2番も上質ですが,テンポにやや難点が有り,本曲にはリヒテル,ワイセンベルク,ケレル,アシュケナージ,ルビンシュタイン,ツィマーマンそして辻井と名演目白押しなので,やや印象が薄くなって来ます。
2. Posted by 和田   2022年08月02日 23:23
ご指摘の名盤、ケレル?以外は全部聴いております。ガヴリーロフの第3番は未聴ですので、聴いてみます。ツィマーマンは現代最高のピアニストなのに、比較的新しい録音だとラフマニノフだったら第1番と第2番とか、ブラームスだったら第1番、シューベルトのピアノ・ソナタは第20番と第21番とか、選曲に疑問があります。全く意図が読み解けません。
3. Posted by 小島晶二   2022年08月03日 00:18
奇蹟のピアニストと呼ばれたジョージア出身のルドルフ ケレルをご存じありませんか。彼がモスクワのピアノコンクールで優勝した1961年には既に38歳になっていたので,遅咲きのピアニスト。彼のラフマニノフ2番は他のピアニストと異なり,肌触りが暗く冷淡な演奏でした。彼の18番はプロコフィエフ,コンドラシンと共演したピアノ協奏曲1番の情熱的でエネルギッシュな演奏は必聴ですよ。
ツィマーマンはショパンは素晴らしいですが,後はラフマニノフとシューベルトが出色だと思います。ただし私はショパンの協奏曲1番の弾き振りは感心しません。ラフマニノフでは小澤にバックを任せていますが,ショパンの1番でも誰か信頼の於ける指揮者に棒を託して欲しかった。
4. Posted by 和田   2022年08月03日 00:39
ルドルフ・ケレルの総集編がiTunesで見つけました。この歳になるまで、知らなかったとは勉強不足も甚だしく、次はケレルを集中して聴き込みます。ツィマーマンはシューベルトは19番、ラフマニノフは3番などを録音しないのか、くどいようですが、根拠が分かりません。ショパンのピアノ協奏曲の新盤は没後150周年を記念して、ツィマーマンが自ら組織したオーケストラとの演奏でした。ヨーロッパとアメリカの40都市をツアーしたこのプロジェクトで、ツィマーマンは「19世紀風にロマンティックなショパン」を目指したと語ったそうですが、その演奏は、まことにユニークです。この演奏に対する讃辞を高校生の女の子からお便りがきたので、個人的にお伝えします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ