2013年04月12日

ケーゲル&ライプツィヒ放送響のモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番(ハイドシェック)、交響曲第40番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ハイドシェックとケーゲル、一見水と油のように思われるかもしれないが、経験豊富なケーゲルゆえに上品で的を得た伴奏振りで奇才ハイドシェックをサポートしている。

ハイドシェックの個性豊かな表現にぴったり寄り添うさまは、暴君ケーゲルのもうひとつの特徴でもある。

ハイドシェックの演奏は個性的というか癖があるので、筆者もハイドシェックの演奏全てが好きという訳ではないが、この第22番は素晴らしいと思う。

モノーラルなのが残念だが、ピアノの音は綺麗で、所々で夢心地にさせられる。

ハイドシェックのモーツァルトのピアノ協奏曲では、ヴァンデルノート指揮の第23番と共に筆者の愛聴盤である。

第40番はPILZ盤より、ずっと年代の新しい演奏で別人のような仕上がりのよさを見せている。

筆者もさまざまな第40番を聴きあさったが、それらの中にあって、このケーゲル盤も耳にする価値の十分ある1枚と言える。

基本的にはクールで、音のタッチは冷たいが、その中に一本キリリと通った意思の強さに襟を正されるような重みがある。

テンポは普通かやや速めで、切り詰められたオケを自在に操り、研ぎ澄まされた演奏を聴かせる。

特にメヌエットの独創的解釈は故ヴァントと並ぶもので、ケーゲルが自殺を思いとどまり、今なお健在ならばと悔恨を新たにさせられる。

モーツァルトの音楽の即興性とか微笑みとかを期待する向きには薦められないかもしれないが、他では聴けない独特の味わいがあるのは確か。

是非一聴を薦めたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:09コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ケーゲル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ