2013年04月21日

小澤&ボストン響のブラームス:交響曲第1番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



小澤は、ドイツ音楽の中ではブラームスを得意としており、特に交響曲第1番については、これまでのところ3種類の録音が確認されている。

師匠でもあるカラヤンが、同曲を名刺代わりとして、数多くの録音・演奏を行ったし、ミュンシュも同曲を得意としたことから、その影響も多少なりともあるのかもしれない。

3種類の中で、圧倒的な名演は、最近発売された大病復帰後の感動的なライヴ録音ということになり、安定感という意味では、2度目のサイトウ・キネン盤ということになる。

では、最初の録音である本盤には魅力がないのかと言うと、必ずしもそうとは言えない。

むしろ、本演奏には、後年の録音には聴くことができない、若き日の小澤ならではの生命力溢れる力強さが漲っており、畳み掛けていくような迫力という意味では、本盤が随一の名演ということになるのではないかと思われる。

第1楽章冒頭の序奏部は、力強くも雄渾な威容を誇っているし、主部に入っても、若干速めのインテンポで曲想をぐいぐいと推し進めていく。

その勢いは圧巻の迫力であり、彫りの深さにおいては後年の録音には劣るとは思うが、決して内容希薄な演奏には陥っていない。

第2楽章は只管美しい。

特に、中間部の弦楽器や木管楽器の艶やかな音色は、まるで、カラヤン全盛期のベルリン・フィルを聴いているような錯覚を覚えるほどだ。

それにしても、若き日に、これほどの味わい深い演奏をできる小澤に対しては、今日の大指揮者小澤への確かな道程を大いに感じるのである。

第3楽章は、木管楽器の生かし方が巧みであるし、中間部を、殆ど気づかれないほどであるが、若干テンポを落として熱く歌い抜くのは実に感動的。

終楽章は、さりげなく開始されるが、その後の高揚への演出効果は抜群。

ホルンの響きは壮麗であり、高弦も実に美しい。

その後は、ゆったりとしたインテンポによる威風堂々たる進軍であり、圧倒的な迫力の下に全曲を締めくくっている。

ボストン交響楽団も、小澤の統率の下、ドイツ風の重厚な音色を出しているのが素晴らしい。

SHM−CD化によって、音質が鮮明であるとともに、音場が拡がる点も高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:51コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | 小澤 征爾 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ