2013年05月21日

シャイーのマーラー:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



イタリア人指揮者ではアバドやシノーポリとともにマーラーの交響曲を積極的に採り上げてきたシャイーであるが、本盤に収められたマーラーの交響曲全集は、1986年から2004年というほぼ20年という長い歳月をかけて完成されたものである。

これだけの歳月をかけているだけに、第1弾の第10番と掉尾を飾る第9番では、シャイーの芸風も相当に変容していると言えなくもないが、基本的なアプローチ自体はさしたる変更がないのではないかとも考えられる。

シャイーのマーラーは、例えばバーンスタインやテンシュテットのようなドラマティックの極みとも言うべき激情型の演奏を行うというものではない。

さりとて、シノーポリのように楽曲の細部に至るまで彫琢の限りを尽くした明晰な演奏を行っているわけでもない。

また、ブーレーズのように徹底した精緻さに拘った演奏を行っているわけでもない。

では、どの指揮者のマーラーに近いかというと、これには様々な意見があるようであるが、基本的なアプローチとしては、ティルソン・トーマスやマーツァルのように、オーケストラを無理なくバランス良く鳴らし、マーラーの作曲した数々の旋律を実に明瞭に美しく響かせるべく腐心していると言えるのではないだろうか。

これに、ベルリン・フィルの芸術監督に就任する前のアバドのマーラーの特徴でもあった、豊かな歌謡性と気迫溢れる圧倒的な生命力が付加され、まさに豊かな色彩感と歌謡性、そして力感が漲った生命力を兼ね備えた明瞭で光彩陸離たるマーラー演奏の構築に成功したと言っても過言ではあるまい。

加えて、シャイーの演奏は、ベルリン放送交響楽団と録音した第10番を除いては、すべての交響曲がロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団との録音であり、しかも録音会場は、豊麗な響きで誉れ高いコンセルトヘボウ・ホールである。

そして、英デッカによる極上の高音質録音も相俟って、各楽器セクションが鮮明に分離するとともに、他の指揮者による演奏では殆ど聴き取れないような音型を聴き取ることができるのも、本全集の大きなメリットであると考えられる。

本全集には交響曲「大地の歌」や主要な歌曲集が含まれていないのは残念ではあるが、他方、交響曲第10番はアダージョだけでなく、最新のクック版使用による全曲版を使用しており、収録曲については一長一短があると言えるのかもしれない。

いずれにしても、本全集は、マーラーの交響曲の華麗なるオーケストレーションの醍醐味を、SACDによらない通常盤(とは言っても、「第3」及び「第9」はマルチチャンネル付きのハイブリッドSACD化がなされている)によって現在望み得る最高の鮮明な音質で味わうことができるという意味においては素晴らしい名全集と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:22コメント(2)マーラー | シャイー 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2022年08月17日 09:26
5 シャイーの労作,マーラー交響曲全集良いと思います。20年近くの年月をかけているので,その間オーケストラも変わっていますし,何より彼の内面が変化してきたと感じています。ベルリン放送響との10番クック版は実に美しかった。この演奏は完全版嫌いの私でも納得させられます。でも充実度が増すのはA.コンセルトへボウ管との後期録音になるのではないでしょうか。詩情豊かで透明な1,4,7番辺りが彼の真骨頂では無いでしょうか。マーラー嫌いの故宇野功芳氏がシャイーの7番は<夜の歌>ではなく,<白夜の歌>とも呼ぶべき魅力的メルヘン的な演奏と絶賛されていました。確かにテンシュテットやバーンスタインの様な世紀末的な深刻さは感じられない健康的なマ−ラーですね。
2. Posted by 和田   2022年08月17日 09:32
シャイーのマーラーは、メンゲルベルクが世界最初の"マーラー・オケ"として完成させたコンセルトヘボウ管の伝統を再検証し、そこに現代的な観点からの切り口や、しなやかなフレージングを取り入れたものと言えます。作品のすみずみまで鋭敏かつ緻密な読みが行き渡った新鮮なマーラーです。イタリア人らしく、歌に癖がなく、オーケストラを自然に歌わせているのも美点です。シャイーの演奏は形式や構成など、表面的には伝統的なものへの回帰を思わせながら、マーラーの交響曲を特徴づける対立的なものが複雑に組み合わされた作品の特徴を鮮明に表現しています。対位法的な書法などにも鋭い眼がゆきとどき、ホルンなど管楽器のソロの強調やかなり濃い表情など、交響曲という形式に盛り込まれた劇的な要素を強く印象づける表現主義的とも言える演奏です。シャイーがしなやかな感性と絶妙なコントロールで描き、ドライヴした演奏は、細部まで生き生きと洗練された表現と熱く清新な歌にみちており、コンセルトヘボウの暖かく流麗な響きと色彩が、繊細にして明快な表現をいっそうニュアンス美しく、味わいの深いものにしています。湧き出る清水のように透明で、しかも、細部を熟練工がするように練り直して、丁寧に仕上げたせいか、むしろ安定した演奏に仕上がっています。そのスケールの大きな造形と、深々とした奥行き感はこの頃の充実ぶりを示すものですね。シャイーならではの知情のバランスのよい、晴朗で達意の名演と言うべきでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ