2013年05月26日

パイヤールのバッハ:管弦楽組曲第1番&第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハの管弦楽組曲は、かつてはクレンペラーやカラヤンなどの大指揮者によって重厚な演奏が成し遂げられていた。

また、リヒターなどによる小編成のオーケストラによる重厚な名演もあった。

しかしながら、近年ではそうした現代楽器を使用した演奏は全く流行らなくなり、ピリオド楽器の使用や現代楽器を活用した古楽器奏法などが主流となっている。

もっとも、そのような軽妙浮薄な演奏が感動的かどうかというのは別問題だ。

バッハの時代の演奏様式を再現する行為自体には反対するものではなく、音楽学者などは大歓迎するのであろうが、芸術的な感動を与えてくれる演奏というのはほんのひと握りと言っても過言ではあるまい。

筆者としても、現代のピリオド楽器や古楽器奏法によるバッハ演奏を今一度見直す時期が来ているのではないかと思われてならないのだ。

本盤に収められたパイヤールの演奏も、現代楽器を使用した小編成のオーケストラによる伝統的な演奏様式によるものであり、このような演奏を聴いていると、あたかも故郷に帰省した時のように安定した気持ちになるのは筆者だけではあるまい。

本演奏で優れているのは、前述のようなリヒターなどの重厚な名演とは異なり、フランス人であるパイヤールならではのフランス風のエスプリ漂う瀟洒な味わいが付加されているということであろう。

このことが、本演奏が現代楽器を活用しながらもいささかも重々しくなることがなく、いい意味での剛柔バランスのとれた理想的な名演に仕上がっているのに貢献していると考える。

本盤でさらに素晴らしいのは、XRCDによる極上の高音質である。

本演奏は1976年のスタジオ録音であるが、今から36年前のものとは思えないような鮮明な音質であり、あらためて、XRCDの潜在能力の高さを思い知った次第だ。

いずれにしても、パイヤールによるセンス満点の味わい深い名演を、XRCDによる極上の高音質で味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:12コメント(0)トラックバック(0)バッハ | パイヤール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ