2013年09月14日

尾高忠明&札幌交響楽団/北欧音楽の新伝説 1


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



素晴らしい名演だ。

何よりも、札幌交響楽団の健闘を讃えたい。

10年ほど前までは、地方のオーケストラなど、大阪フィルを除けば、きわめてお寒い限りであったのだが、最近では、この札幌交響楽団も含め、力量的にも大幅な底上げがなされてきているように思う。

その成果の一つが本盤であり、先ず技術的には問題なし。

芸術的にも、尾高忠明の指揮の下、実に感動的な音楽を奏でている。

次いで、マルチチャンネル付きのSACDによる極上の高音質録音を評価したい。

北欧の清澄な音楽には、臨場感溢れる音場が最適であるが、本盤の極上の高音質は、あたかも北欧を吹く一陣の風の如くである。

特に、『ペールギュント』組曲の「オーゼの死」や「ソルヴェイグの歌」の弦楽器の美しさは、筆舌には尽くしがたい素晴らしさだ。

そして、選曲の妙と尾高の指揮の素晴らしさを高く評価したい。

第2集と比較すると、グリーグ&シベリウスの超有名曲を収めているのも好企画である。

それだけに、指揮の質を問われるが、尾高の指揮も、オーソドックスなアプローチではあるものの、聴かせどころのツボを心得た巧みなものであり、聴きなれたこれらの各曲を実に感動的に味わうことができたことを評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:17コメント(0)トラックバック(0)シベリウス | グリーグ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ