2013年09月25日

インバル&都響のベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、「コリオラン」序曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このコンビによるベートーヴェンの「第5」&「第7」が素晴らしい名演であったので、本盤を購入し、聴いてみたところ、期待どおりの見事な名演であった。

このディスクからは往年の巨匠達が鳴らしていた「エロイカ」を聴くことができる。

ベートーヴェンの交響曲の演奏の主流は、今や、ピリオド楽器の使用や、古楽器奏法の活用などになりつつあるが、インバルは、そのような演奏傾向には背を向け、本演奏においても、旧スタイルを貫いている。

この姿勢が、聴き手に大いなる安心感を与えるのだ。

もちろん、最近の演奏傾向を否定するものではないが、芸術性をどこかに置き忘れた軽妙浮薄な演奏をよく耳にする昨今においては、旧スタイルを懐かしく思ってしまうのだ。

前述のように、インバルは旧スタイルと書いたが、もちろん、インバルならではの個性的な解釈も散見される。

特に、第1楽章や終楽章における思い切った表情づけなどには、いささかやり過ぎのきらいもないわけではないが、全体としては、ドイツ風の重厚さが支配的な堂々たる名演に仕上がっている。

ゆったりとした堂々たるテンポ、終楽章コーダの朗々たるホルンやここぞという場面で強打されるティンパニなど、どこを取っても理想の名演奏だ。

インバルの確かな統率の下、東京都交響楽団も最高のパフォーマンスを示している。

併録の「コリオラン」序曲も、「エロイカ」と同様の重量感溢れる名演。

録音もSACDによる極上の高音質であり、文句なし。

なお、「エロイカ」終了後の聴衆のマナーについて一言。

演奏の余韻を味わうための間を少し置くことはできないのだろうか。

演奏終了とほぼ同時の品の悪い大音声は、殆ど顰蹙ものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:38コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | インバル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ