2013年10月15日

高橋多佳子のシューマン:クライスレリアーナ、謝肉祭、トロイメライ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



こんなにゆったりとした気持ちでシューマンのピアノ曲を味わうことができたのは初めてだ。

2010年はシューマン生誕200年記念の年であったが、そうした記念の年に相応しい素晴らしい名演CDと高く評価したい。

いずれも名演であるが、特に感動したのは「謝肉祭」。

この「謝肉祭」は、私見では、史上最高の名演と言っても過言ではないのではなかろうか。

前口上の力強い開始。

一転して抒情的な高貴なワルツやオイセビウス、スフィンクスのおどろおどろしい不気味な世界を経て、蝶々やA.S.C.H.−S.C.H.Aのリズミカルな軽快感、ショパンの優美さ、そしてパガニーニの巧みな演出など。変幻自在の表現力の幅の広さには大変感心させられた。

そして、ぺリシテ人と戦うダヴィッド同盟の行進の威風堂々たる演奏には風格を感じるほどで、この名演を最高の形で締めくくっているのである。

「謝肉祭」には、やたら理屈っぽい演奏で、シューマンの豊かなファンタジーをスポイルさせてしまう駄演も散見されるが、これほどまでに音楽それ自体を楽しませてくれる演奏は珍しく、聴いていて思わず微笑んでしまうほどだ。

これぞ「謝肉祭」の理想の演奏であり、史上最高の名演と評価する所以である。

次いで、「トロイメライ」の繊細な演奏を掲げたい。

これはいかにも女流ピアニストだけがなし得る至純の美しさに満ち溢れている。

「クライスレリアーナ」も名演であるが、こちらはシューマンの最高傑作だけに、他にもライバルが多く、高橋の名演が随一というわけにはいかない。

それでも、圧倒的な技量と緩急自在の巧みなテンポ設定など、さすがと思わせる箇所も多い。

録音は、SACDによる極上の高音質であり、全く言うことがない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:18コメント(0)トラックバック(0)シューマン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ