2013年10月16日

小林研一郎&チェコ・フィルのドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」ライヴ in プラハ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2008年に発売され、名演の誉れ高かったスタジオ録音の直後に行われたライヴ録音の待望の発売だ。

スタジオ録音と比べて基本的な解釈には変更はないが、終楽章を除いてテンポが速くなっており、いかにもライヴにおいて燃えまくる「炎のコバケン」の面目躍如たる劇的な名演と高く評価したい。

第1楽章冒頭は、ドヴォルザークの指示どおりゆったりとしたテンポで開始するが、主部に入ると小林節が全開。

テンポはめまぐるしく変化し、うねるような音楽が連続する。

それでいて全体の造型にいささかの狂いもないのは、小林が「新世界より」の本質をしっかりと掴んでいるからにほかならない。

第2楽章は深沈たるテンポで情感溢れる指揮ぶりであるが、中間部の終結部分での対旋律の生かし方は実にユニークな解釈。

第3楽章は決然とした開始で力強い解釈であるが、特に、終結部の盛り上がりはいかにも小林ならではのド迫力だ。

終楽章も小林ならではの熱狂的な指揮ぶりで、小林のうなり声もついに頂点に達する。

演奏終了後の聴衆の熱狂、そしてスタンディングオベーションも当然のことのように思われる。

それにしても、これだけ個性的な解釈を示した小林に、ぴたりと付いていったチェコ・フィルの好演も特筆すべきである。

むしろ、チェコ・フィルの小林への絶大なる信頼感がこれだけの名演を成し遂げることに繋がったと言えるのではないか。

録音は、マルチチャンネルはないもののSACDによる極上の音質であり、エクストンとしてもかなりの成功例と言える名録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:46コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク | 小林 研一郎 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ