2013年10月16日

小林研一郎&アーネム・フィルのチャイコフスキー:交響曲第3番「ポーランド」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チャイコフスキーの「第3」の演奏史上、最高の王座に君臨する至高の超名演と高く評価したい。

「第3」は、チャイコフスキーが作曲した交響曲の中でも最も不人気であり、後期の偉大な3大交響曲の直前の交響曲ということもあって、チャイコフスキーの番号付きの交響曲の中でも最大規模を誇る意欲作であるにもかかわらず、作品の質においても見るべきものがないというのが専らの定評であった。

しかしながら、小林の演奏を聴いていると、そのような不人気は演奏のせいではないかと思えてくる。

それくらい小林の演奏は見事であり、不当に評価の低い「第3」の魅力を再認識させることに成功したという点においても、本名演は高く評価すべきである。

第1楽章からして、小林はうなり声を発して燃えまくる。

とてもスタジオ録音とは思えない凄まじさであり、切れば血が出てくるような生命力に満ち溢れている。

第2楽章は、同じような旋律が繰り返される、悪く言えば冗長な楽章でもあるが、小林の手にかかるとそのような冗長さなど微塵も感じられない。

どこをとっても血の通った情感溢れる音楽が紡ぎ出されていく。

そして本名演の白眉は第3楽章。

この情緒豊かな熱い演奏は、あたかも小林が得意としたマーラーの緩徐楽章のような高踏的な美しさを誇っている。

第4楽章も実に細やかに精緻に表現していく繊細さが見事であり、終楽章は、まさに、「炎のコバケン」の面目躍如たる劇的な表現が連続する。

録音も、マルチチャンネルはないものの、SACDによる極上の高音質であり、小林の超名演を鮮明に味わうことができることを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:53コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | 小林 研一郎 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ