2013年11月03日

ヤナーチェク:オペラからの管弦楽編曲集 第3集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤は、ヤナーチェクのオペラからの管弦楽曲の名曲を集めた全集の第3弾である。

最近発売されたとある小説によって、一躍脚光を浴びるようになったヤナーチェク。

ヤナーチェクの作品と言えば、巷間、シンフォ二エッタなどが最も有名であるが、筆者は、オペラにこそヤナーチェクの真の魅力が込められていると考えている。

ヤナーチェクは、モラヴィアの民俗音楽を自作の様々な旋律に生かしていったが、そうした独特の作風が最も色濃く出ているのはオペラだと思うからである。

しかしながら、ヤナーチェクのオペラは、チェコ語で書かれているとともに、ストーリーも一筋縄ではいかないものが多く、鑑賞する際には、どうしても対訳と首っ引きにならざるを得ない。

それ故に、ヤナーチェクがオペラに配した名曲の数々をゆったりとした気持ちで味わうことがなかなか難しい。

そのような中にあって、本盤のようなオペラからの名曲を抜粋したCDが発売されたのは何と言う幸せなことであろうか。

本盤は、ヤナーチェクのオペラの中でも最も有名な「利口な牝狐の物語」と、シリアスな最後のオペラである「死者の家から」を収録した好選曲であり、ブレイナー&ニュージーランド交響楽団による名演や、価格の安さなども相俟って、現在望み得る最高の名CDと高く評価したい。

まだ、ヤナーチェクのオペラに接したことのない人や、これからヤナーチェクのオペラを観賞したいという人には特にお薦めしたいCDだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:57コメント(0)トラックバック(0)ヤナーチェク  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ