2013年12月05日

バレンボイム&クーベリックのモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番&第23番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この盤に収録された2曲の協奏曲は、どちらも1785年から1786年に作曲された、モーツァルト円熟期の作品。

自作の弦楽四重奏曲をハイドンに献呈したり、『フィガロの結婚』を作曲したり、と充実した活動を行っていた時期で、この2曲も流麗なピアノ・パートと豊かな楽想、そして起伏に富んだ構成を持つ素晴らしい出来となっている。

また両曲とも、第2楽章のゆっくりとした楽章が短調で書かれていて、「モーツァルトの憂愁」も存分に感じられる。

さて、バレンボイムとモーツァルトの相性の良さは誰もが知るところである。

イギリス室内管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニーとの弾き振りの全集は、どちらも名演中の名演として評価されている。

1970年と言えば、バレンボイムがそろそろ指揮者としての地盤固めを始めた頃のものであるが、この演奏では、オーケストラの手綱をクーベリックに全面的に預け、実にのびのびとピアノを演奏するバレンボイムに出会うことができる。

このバレンボイムとクーベリックの演奏、比較的知名度の低い第22番の冒頭から、驚くほどの緊張感と華やかさを持って立ち現れる。

また両曲の特徴である、管楽器の絡み合いが実に見事で、バイエルン放送響の管楽群は特に優秀である。

フルート、ホルン、クラリネットなどがあちこちから顔をのぞかせ、ついついスコアを再確認したくなる面白さだ。

第2楽章の豊かな音響、そして第3楽章の中間部のうっとりとするような部分など、聴きどころは満載。

第23番も名演。

こちらは幅広く歌う第1楽章の第1主題(こちらも管楽器がすばらしい)、予想外にゆったりとしたピアノなど、こちらも聴きどころ満載。

既に、今までに数多くのモーツァルトを聴いてきた人も、この1枚はまた新たな発見をもって聴いてもらえると思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:32コメント(2)トラックバック(0)クーベリック | バレンボイム 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 薄暮の旅人   2012年08月05日 22:06
5 はじめまして。このライブは本当に素晴らしいです。22番は傑作ながらなかなか気に入った名演がなく飢えていました。クーベリックとバレンボイムは隅々まで行き届いた力強い演奏でこの作品最高のものと言えましょう。23番もクーベリックにはカーゾンとのライブもありそちらも秀演ですがバレンボイムが指揮せずピアノに徹したこの演奏も得難いものでした。記録的なライブに数えて良いと思います。
2. Posted by 和田   2012年08月06日 05:04
薄暮の旅人さん、コメントありがとうございます。
確かにモーツァルトのピアノ協奏曲第22番は、名演が少なく、バレンボイムがイギリス室内管を弾き振りしたものぐらいしか満足できるものはなかなか見当たりませんでした。
そこへ当盤の登場ということで、長年の渇きが癒された思いです。
演奏は素晴らしく、薄暮の旅人さんのおっしゃっていることに尽きると思います。
またのコメントお待ちしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ