2013年12月30日

クレンペラー&ケルン放送響のブルックナー:交響曲第8番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1957年6月7日 ケルンWDRフンクハウスでのライヴ録音である。

クレンペラーのブルックナー「第8」では、最晩年に近い1970年にニュー・フィルハーモニア管弦楽団を振ったスタジオ録音があるが、こちらは第4楽章で大胆なカットが入っており、それを理由に一般には評判が芳しくない。

一方、本盤は遡ること13年前、カットなしの演奏である。

いやはや驚くべき演奏である。

レコ芸にこの新譜の批評が載っていたが、そこで「この演奏には人間の情感や意図を超えて、大宇宙の鼓動や深奥へと踏み入ろうとする様な、壮絶な気迫が溢れている」といった文章を読んで、まさしくその通りだと共感した。

クレンペラーのライヴ演奏には、こうした神がかり的な圧倒と説得力が必ず現れている。

演奏時間は決して遅くないが、せかせかした印象など皆無で、ブルックナー「第8」が純交響楽作品であることを、この演奏ほど見事に提示した例は他にない。

巨大な構築力を感じさせ、またゴツゴツとした鋭角的な枠取りが特色で、いわゆる音を徹底的に磨き上げた流麗な演奏とは対極に立つ。

また、第3楽章などフレーズの処理でもややクレンペラー流「脚色」の強さを感じる部分もある。

筆者は日頃、ヴァント、朝比奈の「第8」を好むが、このクレンペラー盤は、その「個性的な際だち」では他に例をみないし、弛緩なき集中力では両者に比肩し、第1、第4楽章のスパークする部分のダイナミクスでは、これらを凌いでいるかも知れない。

ケルン放送響は、クレンペラーにとって馴染みの楽団だが、ライヴ特有の強い燃焼度をみせる。

今でも日本では語り草になっているマタチッチ&N響の一期一会の「第8」に連想がいく。

リスナーの好みによるが、筆者にとっては「第8」のライブラリーにまた一つ名盤が加わった新たな喜びを感じる。

さらに、この時代のライヴ録音としては、驚異的に音質が良い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:52コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | クレンペラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ