2013年12月30日

クレンペラー&ウィーン響のブルックナー:交響曲第7番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1958年2月26日、各紙で絶賛されたコンサートのライヴ録音の登場だ。

ブルックナーを得意とする指揮者は少なくないが、その器の大きさという点で、クレンペラーと肩を並べ得るような人は、ほとんどいっていいほどいない。

その発想の奥深いこと、語り口が強靭で、男性的な逞しさと持っているということで、彼は他から際立った存在である。

どんな指揮者でも、彼のように、あるがままの姿でブルックナーの音楽を示すことは、容易には出来得ない。

その外観の大きさばかり気にとられていると、出来上がった演奏はまとまりのつかないものになりやすいし、また、いくら美しい旋律があるからといって、必要以上に飾りたてるようなことをすると、ブルックナーとしては的を得ないものになってしまう。

そのあたりの兼ね合いのようなものが、実に難しい。

クレンペラーは、それらのことを、無理なく、自然な振る舞いを持って、立派にやりぬくことのできる指揮者だった。

それができる数少ない指揮者だった。

このディスクは、そのようなクレンペラーの意義を如実に示しているものとして、きわめて高く評価されねばならないだろう。

クレンペラーがこの世を去ってしまってから、既に約40年。

我々は、指揮者の分野において、もはや彼のような巨大な存在は持てなくなってしまっている。

ブルックナーの音楽がよく聴かれるようになったにもかかわらず、このディスクのような、真にすぐれたブルックナーの演奏にふれる機会が少なくなりつつあるというのも、残念ながら、事実だ。

その意味で、このディスクは、現在の状況を考えるうえでの、ひとつの座標軸となりうるものと言えるのではないだろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:24コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | クレンペラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ