2013年12月31日

ベーム&チューリッヒ・トーンハレ管のブルックナー:交響曲第8番(1978年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベームのブルックナー「第8」には1976年にウィーン・フィルを指揮したスタジオ録音盤もあり、そちらも優れた演奏であったが、厳格でスタティックですらあったそこでのアプローチに較べ、今回の1978年のライヴ盤は、実演のベームならではの熱気が随所に感じられてとにかくホットな演奏。

これこそ、ライヴならではの醍醐味が味わえる一枚ではないだろうか。

年をとるにつれて徐々にテンポが遅くなっていったベームが、ライヴで思いっきり爆発した。

2年前のウィーン・フィルとの録音に比べて8分ほど速くなり、物凄い熱い演奏を繰り広げている。

ベームの当時の年齢からいって、このテンポ設定(特に終盤)は超人的。

演奏は、ベームの職人的な音楽造りが魅力的で、確固たる構成力と細かなニュアンスを織り込んでゆく見事さはすばらしい。

ベームはブルックナー、ワーグナー、R.シュトラウスと向き合った途端、自分こそ1920年代にノイエザッハリヒカイト(新即物主義)の洗礼を受けた指揮者である事を何のためらいも無く露わにする。

この1978年にライヴ収録されたディスクでもその基本的演奏様式、オーケストラのバランス、遠近法などすべてそれまでのものと同様である。

嵐の如きパッセージに於いてもエネルギーは徹底的に内燃化され、凝縮された力を感じさせる。

必要以上に派手に鳴り渡る事も甘味に流れてしまう箇所も皆無である。

その一方で純粋オーストリア式の田園牧歌、群舞の風景を彷彿とさせる表現の幅広さも勿論充分である。

<峻厳と喜悦の同居>とでも云おうか、まさしく稀にみる音楽性に溢れたひと時、優れたブルックナー演奏を味わった後の<聴き手の身も魂も完全に燃焼され尽くした>あの独特の感銘、それも第一級の感動を味わう事の出来る一枚である。

一度指揮台に立つと集中し、没頭する余り我を忘れる、そんなベームの芸術家魂を見習いたいものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ベーム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ