2014年02月08日

ワインガルトナー/ベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンの交響曲に関心を持つ人にとって、フェリックス・ワインガルトナーは未だに無視できない。

管弦楽編成を含む彼のエディション、『ベートーヴェンの交響曲について』をはじめとする著書と論文、そして第2次世界大戦前としては驚くべき全曲録音などは、指揮者にも、研究者にも、愛好家にも、貴重な資料であり、業績である。

それらは、彼が指揮者、作曲家、思索家という3つのペルソナが達成された成果である。

演奏面で、ワインガルトナーはヨーロッパの多くの都市(マインツ、パリ、ロンドンなど)で、ベートーヴェンの全交響曲を演奏した。

ロマン・ローランが『ベートーヴェンの生涯』を書いたのも、ワインガルトナーのベートーヴェン・ツィクルスを聴き、刺激を受けたためと言われている。

つまり、ワインガルトナーのベートーヴェン解釈は、第2次世界大戦前には1つの基準であった。

彼がロマン的な誇張や歪曲を認めず、音楽だけに基づいて解釈したためであろう。

事実、トスカニーニが登場するまで、このような解釈でベートーヴェンを指揮するのは、ワインガルトナー以外にほとんどいなかった。

英コロンビアが、ベートーヴェンの交響曲を繰り返し彼に録音させたのも、このためであろう。

録音データは以下の通り。

CD1 交響曲第1番、交響曲第3番「英雄」 ウィーン・フィル 1937年10月、1936年5月スタジオ録音
CD2 交響曲第4番、交響曲第6番「田園」 ロンドン・フィル、1933年11月スタジオ録音、ロイヤル・フィル、1927年1月スタジオ録音
CD3 交響曲第8番、 交響曲第5番「運命」 ウィーン・フィル、1936年スタジオ録音、ロンドン・フィル、1933年スタジオ録音
CD4 交響曲第2番、交響曲第7番、ロンドン響、1938年3月スタジオ録音、ウィーン・フィル、1936年スタジオ録音
CD5 交響曲第9番、ウィーン・フィル、ウィーン国立歌劇場合唱団、ゲオルグ・マイクル(T)、ロゼット・アンダイ(CA)、リヒャルト・マイル(Bs)、ルイゼ・ヘレツグリューバー(S)

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:08コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ