2014年03月06日

チョン・キョンファのベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲(コンドラシン)&ブルッフ:スコットランド幻想曲(ケンペ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チョン・キョンファが鬼才コンドラシンと1979年に共演したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲と、デビュー間もない頃の1972年に名匠ケンペと共演したブルッフの「スコットランド幻想曲」の録音。

ベートーヴェンは初出時、コンドラシン&ウィーン・フィルの初顔合わせ、さらにチョン・キョンファとの初コンビでも話題となった。

輝くばかりの音色と情熱的なアプローチで音楽の核心に肉薄するチョン・キョンファ。

このベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でも入魂の演奏を聴かせてくれる。

遅いテンポで丁寧に情を通わせたベートーヴェンで、その中にチョンならではの深い表現が見られる。

やや線の細さはあるものの、緻密で磨き抜かれた音は美しい艶を帯び、フレージングにも硬さがなく、伸び伸びと、しかも強い集中力を反映させている。

聴き手に極度の緊張を要求し、享楽的な要素のほとんど感じられない、一途不可逆なひたむきさは、あるいは最も日本人の感性に適した演奏と言えるかもしれない。

刀の上を渡る曲芸や綱渡りを思わせるスリルが、チョンの演奏には確かにある。

コンドラシンの指揮も魅力があり、ウィーン・フィルの緊張感漲るドラマティックなサポートも万全。

彼の堂々たる解釈は骨太の音楽を形づくっており、力強く、優美で威厳がある。

カップリングのブルッフ「スコットランド幻想曲」は、チョンの名声を確立した録音で、その演奏は説得力に富んでいる。

強靭な意志が美しい緊張感を生み出し、緩急自在なフレージングはハイフェッツに次ぐ。

ケンペの指揮も力強く、風格がある。

いずれもデッカの優秀録音が音楽的で、サウンドそのものに音楽性を感じさせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:52コメント(0)トラックバック(0)チョン・キョンファ | コンドラシン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ