2014年03月07日

クリップスのハイドン:交響曲集、シューベルト:交響曲第6番、メンデルスゾーン:『イタリア』


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クリップスが得意としたハイドンを中心に、シューベルト、メンデルスゾーンをカップリングした2枚組。

ウィーン・フィルとの『驚愕』&第99番は昔から名盤として親しまれてきたもので、シューベルトの第6番は繊細な歌い回しが、メンデルスゾーンの『イタリア』は上品な明るさが絶品。

しかし、このディスクの最大の聴きものはやはりウィーン・フィルを指揮したハイドンであろう。

ウィーンに生まれ、ウィーンに学び研鑽を積んだ生粋のウィーン子であるクリップスの代表作のひとつとして、評価の確立している名演である。

懐古趣味に浸るのもどうかと思うが、今後、このような魅惑いっぱいのウィーン・フィルを聴くことは考えられない。

典雅に振れる指揮者もいないし、ウィーン・フィル自体もこのような芳醇な香りを失ってしまった。

どの瞬間もあまりに美しく、解説するのは野暮だし、批評する気にもなれない。

そこで、この場では音楽における「ウィーン訛り」ということを考えてみたいと思う。

何をもってウィーン風の「粋」というのか? クリップス盤と他の演奏を最も隔てるものは何かと言うと、演奏する際のイントネーションではないかと思われる。

弦楽器奏者の弓が弦に触れ、発音する際、まるで喋るようなニュアンスがあるのだ。

もちろんオーケストラは器楽合奏であるけれど、まるで声楽家がリートを歌うように、フレーズのそこここにウィーン流に訛った「子音」があるのである。

そして、よく聴くと、子音ばかりでなく「母音」もウィーン訛りなのだ。

フレーズの流れやアクセントも独特で、それは弦楽器ばかりでなく、管楽器にまで及んでいるのが分かってくる。

ことにハイドンの典雅な楽想やチャーミングな音色美を、クリップス以上に生かし得た指揮者は一人もいない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:39コメント(0)トラックバック(0)クリップス | ハイドン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ