2014年04月28日

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル/ブラームス:交響曲第2番、第3番(SACD)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーによるブラームスの交響曲全集(EMI)のSACD化に当たって、最も高音質化の効果が著しかったのは、「第1」と「第4」であり、その両者に挟まれた本盤はやや分が悪いと言えるが、それでも、これまでのリマスタリングCDと比較すると、次元の異なる良好な音質に生まれ変わったものと高く評価したい。

マスターテープの状態や録音年の違いもあるが、「第2」の方が、より音場に拡がりがあり、「第3」の方は、ノイズを抑えた分だけ、ややダイナミックレンジが狭まった感じがしないでもない。

「第2」の場合は、特に高音にピークがあり、やや音質が濁る傾向があるが、弦楽器など艶やかで実に鮮明な音質に蘇っており、十分に満足し得る音質である。

演奏内容についてであるが、「第2」も「第3」も、フルトヴェングラーが必ずしも数多く指揮しなかった楽曲であることもあり、遺された音源も本盤を含め限られるが、こうして高音質化したSACDを拝聴すると、あらためて、この巨匠の演奏の素晴らしさを大いに感じることができる。

「第2」は、第1楽章と第2楽章は自我を抑制した印象を受ける。

フルトヴェングラーのライヴとしては珍しいが、それでも、むせ返るような弦楽合奏の抒情は、至高・至純の美しさを湛えている。

第3楽章の終結部の大きなリタルダントは、大見えを切るようないつものフルトヴェングラーであるが、これは終楽章の熱狂への橋渡しと考えられないわけではない。

そして、終楽章は完全なフルトヴェングラーの独壇場で、冒頭から、夢中になって突き進んでいき、終結部の猛烈なアッチェレランドは、かの名演の誉れ高いワルター&ニューヨーク・フィル盤と同格の迫力と言える。

「第3」は、冒頭から、フルトヴェングラー節が全開。

第2楽章や第3楽章のむせ返るような抒情も美しさの極みであるし、終楽章の熱狂も、さすがはフルトヴェングラーならではの圧巻の至芸と言える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:54コメント(2)ブラームス | フルトヴェングラー 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2022年12月01日 07:47
5 私の個人的意見ですが,フルトヴェングラーのブラームス1番に関してはステレオ録音の名演とは流石のフルヴェンでも水を開けられていると感じますが,2番以降となると話は変わってきます。とりわけ3番の緻密で重厚な演奏は例を見ず,49年盤,54年盤何れも傑出した秀演だと感じます。ステレオ録音の凡百の演奏はもとより,クナのスケール感の大きな諸演奏でも太刀打ち出来ないと感じてしまいます。2番も心弾む快演です。ただしSACD盤は未聴なので,今後はSACD盤の記事の場合コメントを遠慮する事にします。
2. Posted by 和田   2022年12月01日 07:53
フルトヴェングラーのブラームスはスタジオ録音が少なく、第3番はご指摘の49年盤がフルトヴェングラーの本質ともいえる劇性をくまなく表した演奏です。鮮烈な名演で、冒頭から緊迫した生命力が湧き出します。とにかく大胆なアゴーギクによって情熱的で共感の限りを表明しています。フルトヴェングラーのスケールの大きな表現はこの曲の男性的な力強い想念をあますところなく表現しつくしています。特に第2楽章のしみじみと語りかけるような表現と終楽章の悲劇的にさえ感じられるような激しい感動の盛り上がりは心を強く揺り動かします。速度の動きやこまやかな表情はすべて即興的に流れているので、決して理屈で割り切ることはできません。きわめてロマンティックで、響きのすみずみまで深い思念と感情を浸透させることに成功しており、音の状態も比較的良好で、オーケストラの巧者ぶりがよく味わえます。ライヴ盤は多いですが、音楽だけでなく、それが響いている全体の雰囲気といったものまでがくっきりと手にとるようにわかる演奏は珍しく、その表現力の凄さは、あたかもマジックであるかのように思えるし、聴き手に強い印象を与えずにはおかないでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ