2014年03月24日

ザンデルリンク&ミュンヘン・フィルのブラームス:交響曲第4番、ベートーヴェン:「エグモント」序曲、J.S.バッハ:2台のヴァイオリンのための協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1984年11月23日 ミュンヘン・ヘルクレスザールにおけるステレオ・ライヴ録音。

巨匠ザンデルリンクは、1980年代から1990年代にかけてミュンヘン・フィルに頻繁に客演を繰り返した。

このアルバムでは、ベートーヴェンの「エグモント」序曲、そしてJ.S.バッハの2台のヴァイオリンのための協奏曲は、ブラームスの交響曲第4番に比べるとあまり高い評価は評論誌でされてなかったが、耽美的な演奏であることは、収録されている曲全体を通じて感じられた。

「エグモント」序曲からして壮大、重厚な響きに圧倒される。

バッハはもちろん旧スタイルの演奏で、堂々たる押し出しの立派な音楽を作っている。

そして「ブラ4」! これぞ圧倒的な名演奏だ。

尋常ではない遅いテンポが採用され、ロマンティシズム、耽美指向が濃厚に漂う個性的な演奏である。

旧東ドイツの指揮者と言えば、ケンペのブラームスの交響曲全集、そしてザンデルリンクのブラームスの交響曲全集を聴き、いずれも「らしさ」を感じながら、聴き惚れていた頃を懐かしく思い出す。

殊にザンデルリンクがシュターツカペレ・ドレスデンを指揮した交響曲全集は音楽的に古風な体質を持つ独特な名演奏として評されていた。

筆者にとっては、ブラームスはやはりバーンスタインやカラヤンで聴くより何よりザンデルリンクであり、地味ながら男心をそそる細やかなタッチが当時新鮮であった。

ここではチェリビダッケが鍛えたミュンヘン・フィルの明るく、美しいサウンドを時には豪快に、時には繊細に料理したライヴゆえの自在な起伏が最高だ。

逆に、乱調の気配が全くなく、セッション録音のように大人しくきっちりと音楽が進行している内省的な音楽の性格の部分では、美しくあまりに切ない懐かしい響きとリズムの重さがとても心地よく聴こえる。

どうしても聴きたくて仕方が無い、そういう衝動に駆られる男性的な魅力のある音楽と演奏であり、情熱の塊のようなものも時折感じられる箇所も少なくない。

1986年のチェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルによる来日公演との比較も一興。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:57コメント(0)トラックバック(0)ザンデルリンク | ブラームス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ