2014年04月18日

ベイヌム&コンセルトヘボウのブルックナー:交響曲第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1959年3月12日、オランダ放送音源によるベイヌム最後のライヴ録音である。

ベイヌムのブルックナーは、この5番に加えて7、8、9番ともに秀でた名演である。

筆者にとって、LP時代にブルックナー開眼の記念碑となった、思い出に残る名盤である。

稀有壮大なスケール感とかロマンティシズムとは対照的な、現代的というか、颯爽とした、見通しのよいきりりと引き締まったブルックナー。

ヴィオラ奏者だったゆえであろうか、ベイヌムは、ふくよかな弦の響かせ方が実に巧みで、それを基調に、木管は弦楽に溶け込ませるように用い、その一方、金管はクライマックスを除き、やや抑制気味に被せていく。

ベイヌムはメンゲルベルクという、大きな存在の後釜ということもあるのだろうが、どちらかというと目立たない演奏である。

派手さがない、だからといって地味でもなく、陰のある演奏だけれど、陰気な雰囲気はない。

旋律の歌わせ方が際立って流麗とか、1音1音に大地を揺り動かす激しさがあるとか、狂気を帯びているとか、強烈な印象を抱かせる指揮者ではなく、全体的に、控えめな音楽を聴かせてくれる。

では面白味に欠けるのかと言われると、その答えは否である。

大抵、過不足なく演奏する指揮者ほどつまらないものはいないが、確かに、ベイヌムには行き過ぎはなく、抑え過ぎもまたない。

ではなぜ、彼に筆者は魅せられたのか? うまく言えないのが本音だが、あえて語ると、絶妙だからである。

このブルックナーの5番の演奏は、ベイヌム最後の録音と言われているもので、放送用の録音だ。

ブルックナーの音楽を通して、ベイヌムが生涯貫いてきた指揮者としての矜持が聴こえてくる。

ライヴ録音のため多少のノイズはあるが、端正で実に溌剌とした演奏は確実に伝わってくる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:59コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ