2014年04月23日

ホッター&ムーアのシューベルト:歌曲集「冬の旅」(1954年スタジオ録音)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

不世出のワーグナー歌手ハンス・ホッターの《冬の旅》の録音は、1942年に始まって計4種あるが、レコードとして一番まとまっているのは2度目のこのムーアとのものかもしれない。

《冬の旅》こそ声楽家の到達点であるかのように、世に名演が溢れている。

ヒュッシュの全曲盤(1933年録音)は今なお現役盤であり、特にバリトン系の歌手には名演が多いというのも曲の性格だろう。

声域はテノールのために書かれ、中には第1稿は高すぎてあとで少し下げたりし、ハイ・バリトンが多い。

《冬の旅》に、人生を絶望し、孤絶の歌を聴こうとする人には、同じホッターでも1969年、東京文化会館小ホールでのライヴが薦められよう。

この演奏にはホッターの歩んできた人生が見えてくるような感動がある。

《冬の旅》の主人公は《美しき水車小屋の娘》の失恋の傷みに続く世界である。

まだ青年なのである。

しかしわれわれは《冬の旅》というと、何か老成した者の歌のような受け取り方をしがちであるが、この主人公は「霜置く頭」で、霜のために白髪になったと錯覚してよろこんだのも束の間、また元の黒い髪にかえったのを悲しむほどに若いのである。

ホッターの最後の録音は人生の諦観の中にあるが、1954年の録音はまだ青年の失意の中にある。

最初の録音での果てしないカンタービレには、晩年のホッターからは想像できないほどの甘い夢があるが、このムーアとの録音ではそれが是正され、シューベルトの端正な形が示されている。

1曲1曲、何と味わいが深いことか。

ロッテ・レーマンも女声ながら突きつめた劇的《冬の旅》を聴かせ、フィッシャー=ディースカウは解剖学的なまでに細分化したシューベルトを聴かせる。

それぞれの歌手がそれぞれの《冬の旅》を聴かせるが、この盤はその意味で最も普遍的なシューベルトを聴かせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:53コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ホッター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ