2014年05月03日

ギレリスのモーツァルト:ピアノ協奏曲第21番(コンヴィチュニー)/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ケーゲル)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトは、1960年11月のライヴ、チャイコフスキーは1965年3月のライヴで、全て良好なモノラル・ライヴ録音。

ギレリスが旧東独の巨匠と共演した凄絶なライヴ。

チェイコフスキーはギレリス&ケーゲルという東側期待の顔合わせで、予想を裏切らない激演ライヴ。

第1楽章冒頭のホルンは、やはりケーゲル、どこかうつろに始まるが、続くギレリスの強靭な打鍵が激しい。

あたかもギレリスはハンマーで鍵盤を叩いたような激しい弾きっぷりで、ケーゲルの伴奏が、オケとピアノ、バランスがとれていないような、とてもがっぷりくんでいるような、さすがの絡み。

第2楽章は、微妙な美しさで聴き手を魅了し、そして転がり落ちて行くような、激走の第3楽章は、ところどころテンポが落ちながら、最後は花火が打ち上がるように爆発して終息。

意外に拍手は最後の音にかぶさらない。

これを聴いたら、他が物足りなくなる演奏だ(ホロヴィッツ盤を除く)。

コンヴィチュニーとの第21番も硬質なモーツァルトがとてもいい感じで聴ける。

この1枚、改めてギレリスの凄さを思った。

というのも、伴奏はコンヴィチュニーとケーゲルという実力者。

それなのに、聴き手の注意は知らず知らずのうちにピアノに吸い付けられてしまうのである。

清潔なピアノで美しく奏でられるモーツァルトもさることながら、ケーゲルの謹厳な伴奏を得た十八番のチャイコフスキーに於ける豪快で、大胆、それでいて計算し尽された名技の奔流・・・。

堂々たると言おうか、スター性、カリスマ性と言ってもいいが、いつの間にか、われこそが主人公という存在感でその場を支配してしまう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:11コメント(0)トラックバック(0)ギレリス | コンヴィチュニー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ