2014年05月19日

スーク・トリオのベートーヴェン: 「大公」 (1961年盤)/スーク&パネンカのベートーヴェン:スプリング・ソナタ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スーク・トリオの「大公」には、ピアノがハーラに代わってからの新録音があるが、これはパネンカ時代の最初の録音である。

ハーラが加わってからのアンサンブルは三者一体となった緊密さの魅力が増したが、ここにはそれと異なった三者三様の持ち味が発揮され、コントラストの妙味ともいうべき魅力がある。

ここでも、歯切れのよいピアノのリードによって、熱気のこもった華麗な演奏を行っている。

特に第1楽章の堂々たる表現や、第2楽章のロマンティックな気分の出し方など、見事の一言に尽きる。

いずれ劣らぬ名演といえ、新盤が登場した今も、この演奏がもつ価値はいささかも失われていない。

細部を精緻に描きながら全体は大きなうねりと熱気にあふれており、熟成された純室内楽的な名演として永遠に価値を失わない名盤であろう。

スークとパネンカの名コンビによるこの演奏は、呼吸がピッタリ合った素晴らしいアンサンブルを聴かせる。

スークのヴァイオリンは、すこぶる繊細で、甘美な音色をもっており、パネンカのピアノも実に安定していて品位が高い。

スークもパネンカも、いわゆる巨匠型の演奏家ではないが、力量と総合力の高さを持っている。

ただこのコンビはたくましさよりや情熱よりも、端正な演奏が身上で、このコンビに適しているのは、「クロイツェル」より「スプリング」ということになる。

この曲では、スークのそうした持ち味が充分に生かされた良い出来で、スークの表現が、現代的で新鮮なので、若い人たちには好まれよう。

ベートーヴェンの抒情を歌い上げて、端正・清楚な点ではトップ・クラスの演奏だし、ひと味違ったベートーヴェンに接することができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:50コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | スーク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ